トップページ > 窓口・環境局の概要 > 交際費支出状況 > 平成24年度ニューヨーク市への出張の記録

平成24年度 ニューヨーク市への出張の記録

局長の海外出張について

 

平成24年度の環境局長の海外出張についてお知らせします。

 

1 出張者・出張先

 環境局長 大野輝之

 米国 ニューヨーク州ニューヨーク市

 

2 出張期間

 平成24年7月22日(日)から7月29日(日)まで

 

3 出張目的

 気候変動対策における東京都とニューヨーク市の連携強化及びICAPにおける準国家政府レベルの協力に関するニューヨーク州との協議並びに都の新たな施策展開に向けた情報収集

 

4 同行者数

  2名

 

5 経費

  2,521,315円

 

6 出張の日程・内容

7月23日(月)

○ ニューヨーク市市長室長期計画及びサステナビリティ担当を訪問。PlaNYC及び東京都・ニューヨーク市の連携強化等について意見交換。

○ ニューヨーク市市長室エネルギー担当を訪問。ニューヨーク市のエネルギー政策について意見交換。

7月24日(火)

○ ニューヨーク市建築局(コミッショナー・ルマンドリ氏)、市長室及び都市計画局と意見交換。

 東京都からキャップ&トレード制度について、ニューヨーク市側からPlaNYC、グリーナー・グレイター建築計画(GGBP)及びゾーニングのグリーン化についてプレゼンが行われたのち、質疑、意見交換。建築物の省エネ対策等に関し、両都市間で情報交換と相互協力を進めていくことで合意。

○ アーバン・グリーン・カウンシルを訪問。市の政策策定への協力について意見交換。

7月25日(水)

○ ニューヨーク州環境保護局訪問。RGGI(地域温室効果ガスイニシアチブ)について意見交換。ICAPにおける準国家政府レベルの協力について協議。

○ ニューヨーク州公共サービス部訪問。州のエネルギー需給について意見交換。

○ ニューヨーク独立系統運用者(NYISO)訪問。電力供給のマネジメントについて意見交換。

7月26日(木)

○ ニューヨーク州電力公社を訪問。州の電力需給等について意見交換。

○ RGGI Inc.を訪問。RGGIの運用状況等について意見交換。

○ ジョンソンコントロールズ社訪問。レトロフィットプロジェクト担当と、エンパイアステートビルの省エネ改修、ニューヨーク市のGGBP等について意見交換。

7月27日(金)

○ コン・エディソン社訪問。市、州のエネルギーの状況、課題について意見交換。

 

7 出張の成果

○ 建築物の省エネ対策等、気候変動対策で東京・ニューヨークの連携を強化すること、C40で建築物の省エネ分野に関するサブネットワーク活動を推進すること等で合意を得た。

○ RGGIの策定背景や課題、今後の方向等について有益な情報を得るとともに、ICAPにおける今後の取組について協議を進めた。

○ 持続可能なエネルギー施策や再生可能エネルギーの普及等に向け大きな課題となる発送電分離について、ニューヨーク州での実施状況を官民両面から意見聴取し、戦略づくりへ向け有益な情報を得た。

○ 今後の施策形成及び国際連携に必要な人的ネットワークを構築した。

 

 

 

【お問い合わせ先】

環境局都市地球環境部国際環境協力課

電話 03-5388-3501

メールマガジンはこちら

お問い合せ東京都環境局個人情報保護基本方針サイトポリシーリンク集

東京都|東京都のホームページへ

東京都議会

東京都環境公社

東京都長期ビジョン

九都県市首脳会議環境問題対策委員会