東京都の微小粒子状物質の状況

1 平成27年度の測定結果と環境基準達成状況

平成27年度は82局(一般局47局(八王子市設置の3局を含む)、自排局35局(八王子市設置の1局を含む))で測定を行いました。

平成27年度の年平均濃度は、一般局が13.8マイクログラム/立方メートル、自排局が15.0マイクログラム/立方メートルとそれぞれ前年度から2.2マイクログラム/立方メートル低下しました。

環境基準の達成状況は、一般局の達成率は85%、自排局では40%でした。

短期基準、長期基準別に環境基準の達成状況をみると、短期基準は、一般局では47局中41局、自排局では35局中28局、長期基準は、一般局では47局中42局、自排局では35局中14局達成していました。

年平均濃度及び環境基準達成状況の推移

項目平成27年度平成26年度平成25年度平成24年度
一般局 年平均濃度
(μg/m3
13.8 16.0 15.8 14.2
達成局数
(達成率)
40/47
(85%)
3/46
(6.5%)
3/45
(6.7%)
20/31
(65%)
自排局 年平均濃度
(μg/m3
15.0 17.2 16.7 15.9
達成局数
(達成率)
14/35
(40%)
0/35
(0%)
0/35
(0%)
6/24
(25%)

国の定めた注意喚起のための暫定指針値(一般局の1日平均値70マイクログラム/平方メートル)を超えた日は1日もありませんでした。
国の定めた注意喚起のための暫定指針値との関係の詳細については、下記リンクをご参照ください。
国の定めた注意喚起のための暫定指針値との関係

平成27年度大気汚染状況の測定結果についての詳細は、「平成27年度大気汚染状況の測定結果について」(報道発表資料)をご覧ください

メールマガジンはこちら

お問い合せ東京都環境局個人情報保護基本方針サイトポリシーリンク集

東京都|東京都のホームページへ

東京都環境科学研究所