トップページ > 大気・騒音・振動・悪臭対策 > 大気汚染対策 > 大気をきれいにしてきた取組の歴史

大気をきれいにしてきた取組の歴史

北京をはじめとする中国各地では深刻な大気汚染が続いているとの報道がなされています。

 PM2.5濃度のグラフ

 東京も、かつては深刻な大気汚染に直面していました。

写真集 東京の公害 「大気汚染」

  しかし、1950年代からボイラー等のばい煙規制、1960年代には都内主要汚染地区の工場への低硫黄重油の使用を要請、さらに東京電力との協定により大井火力発電所の超低硫黄重油の使用ルールを決め、石原都政の時代にはディーゼル車規制に取り組み、今日の東京の大気環境を実現してきたのです。

 今では、東京の大気はとてもきれいになっています。

平成23年度 大気汚染状況の測定結果

 2012年度中に、大気汚染への取組の歴史を取りまとめたDVDを製作します。
 英語版も作成してユーチューブで配信します。アジアの都市の方々に、東京が経験してきたことをこれまで以上に知っていただき、各都市での取組に役立てていただきたいと思っています。

 また、下記の資料もぜひご覧ください。

○ 東京都環境白書2000(抜粋) ~ばい煙規制、東京電力との協定、東京都公害防止条例制定など~

○ 東京都環境白書2006(抜粋) ~工場で使用する重油の硫黄分規制、ディーゼル車規制・低硫黄軽油の導入など~

○ 「東京都のディーゼル車対策」 ~都のディーゼル車規制に向けた都の取組の過程~

○ 「東京都の自動車に関する規制などのあらまし」(抜粋) ~粒子状物質等を増大させる燃料の使用禁止・販売禁止~

メールマガジンはこちら

お問い合せ東京都環境局個人情報保護基本方針サイトポリシーリンク集

東京都|東京都のホームページへ

東京都環境科学研究所