トップページ > 大気・騒音・振動・悪臭対策 > 大気汚染対策 > 大気への有害化学物質の排出防止対策 > 大気への有害化学物質の排出防止対策(有害ガス規制)

大気への有害化学物質の排出防止対策(有害ガス規制)

東京都では、大気への有害化学物質の排出防止対策として、昭和45年から環境確保条例(平成12年度までは公害防止条例)に有害ガス規制基準を定め、規制指導を行ってきています。

有害ガスとは、人の健康に障害を及ぼす物質のうち気体状又は微粒子状物質(ばい煙を除く。)として、条例第2条第11号で定義され、条例別表第3で具体的な物質名が定められているものです。

また、規制基準値は、条例第68条及び条例別表第7第3号により、排出口濃度における規制基準値として以下のように定められています。

有害ガス規制基準一覧表

別表第7号数

有害ガス規制対象物質

基準値(mg/m3N)

基準制定年月日

基準施行年月日 

1

フッ素及びその化合物

9

S.45.3.3

S.45.4.1

2

シアン化水素

6

S.48.6.1

S.49.3.1

3

ホルムアルデヒド

70

S.47.3.27

S.47.4.1

4

塩化水素

40

S.45.3.3

S.45.4.1

5

アクロレイン

10

S.49.3.30

S.50.1.1

6

塩素

30

S.47.3.27

S.47.4.1

7

臭素及びその化合物

70

S.48.6.1

S.49.3.1

7-2

臭化メチル

200

S.52.3.30

S.52.10.1

8

窒素酸化物 

200

S.45.3.3

S.45.4.1

9

フェノール

200

S.49.3.30

S.50.1.1

10

硫酸(三酸化いおうを含む)

1

S.48.6.1

S.49.3.1

11

クロム化合物

0.25

S.45.3.3

S.45.4.1

12

塩化スルホン酸

1

S.49.3.30

S.50.1.1

13

ピリジン

40

S.49.3.30

S.50.1.1

14

スチレン

200

S.49.3.30

S.50.1.1

15

エチレン

300

S.50.10.22

S.51.4.1

16

二硫化炭素

100

S.50.10.22

S.51.4.1

17

クロルピクリン

40

S.50.10.22

S.51.4.1

18

ジクロロメタン

200

H.12.12.22

H.13.4.1

19

1,2-ジクロロエタン

200

H.12.12.22

H.13.4.1

20

クロロホルム

200

H.12.12.22

H.13.4.1

21

塩化ビニルモノマー

100

H.12.12.22

H.13.4.1

22

酸化エチレン

90

H.12.12.22

H.13.4.1

23

ヒ素及びその化合物

0.05

H.12.12.22

H.13.4.1

24

マンガン及びその化合物

0.05

H.12.12.22

H.13.4.1

25

ニッケル及びその化合物

0.05

H.12.12.22

H.13.4.1

26

カドミウム及びその化合物

1

S.47.3.27

S.47.4.1

27

鉛及びその化合物

10

S.47.3.27

S.47.4.1

28

メタノール

これらの物質の
合計が800

ただし
ベンゼン100
トリクロロエチレン300
テトラクロロエチレン300
メチルイソブチルケトン200
トルエン200
ヘキサン200
以上含まれないこと

 

S.48.6.1

S.49.3.1

イソアミルアルコール

S.48.6.1

S.49.3.1

イソプロピルアルコール

S.48.6.1

S.49.3.1

アセトン

S.48.6.1

S.49.3.1

メチルエチルケトン

S.48.6.1

S.49.3.1

メチルイソブチルケトン

S.48.6.1

S.49.3.1

ベンゼン

S.48.6.1

S.49.3.1

トルエン

S.48.6.1

S.49.3.1

キシレン

S.48.6.1

S.49.3.1

トリクロロエチレン

S.48.6.1

S.49.3.1

テトラクロロエチレン

S.48.6.1

S.49.3.1

酢酸メチル

S.48.6.1

S.49.3.1

酢酸エチル

S.48.6.1

S.49.3.1

酢酸ブチル

S.48.6.1

S.49.3.1

ヘキサン

S.48.6.1

S.49.3.1

注1)基準値は、1作業期間の平均の濃度としている。
注2)基準制定年月日及び基準施行年月日欄は、旧公害防止条例・同施行規則を含め、有害ガス等の規制基準値が最初に定められた日付を掲げた。環境確保条例における有害ガス規制基準は、全ての物質について基準制定H.12.12.22、基準施行H.13.4.1である。

 

関連資料

平成8年1月 炭化水素類の排出低減対策(光化学オキシダントの発生防止に向けて)

内容:塗装施設、印刷施設、金属等表面処理施設及びクリーニング施設の4種類の施設について、施設毎の排出低減対策の方法をまとめたもの。

平成13年3月 炭化水素類排出低減事例集(リーフレット)

内容:炭化水素類貯蔵施設(ガソリンスタンドほか)等のベーパーリターン装置の設置について

メールマガジンはこちら

お問い合せ東京都環境局個人情報保護基本方針サイトポリシーリンク集

東京都|東京都のホームページへ

東京都環境科学研究所