暮らしの中のVOC

 

シンポジウム きれいな空のために ~ワタシもできる2、3のこと

 一般家庭やオフィスで使われる製品にも、VOCが含まれ、大気中に放出されるものがあります。このことを一人でも多くの方に知っていただくため、平成29年3月9日にシンポジウムを開催しました。詳しくは、こちらをご覧ください。

 

民生品からのVOC対策

 一般家庭やオフィスで使われる製品にも、VOCが含まれ、大気中に放出されるものがあります。代表的なものに、エアゾールスプレーのガス(可燃性のもの)、家庭用塗料、カー用品類、医薬品・化粧品、防虫剤(パラジクロロベンゼン)などがあります。

 これらの民生品から、都内で1万トンものVOCが放出していると推計されていることから、環境局では、暮らしの中のVOCを減らすための取組を紹介するリーフレットを作成しました。特に、夏季の光化学スモッグが発生しやすい時期の取組に、協力をお願いいたします。

暮らしの中のVOC

製品製造者・販売者のみなさまへ

消費者が低VOC製品を選択することが出来るよう、製造者・販売者のみなさまへは、以下の取組をお願いいたします。

  1. 製造者、あるいは業界団体
    • 低VOC製品の判断基準となるガイドライン等の策定
  2. 製造者
    • VOCの含有率を減らした製品の開発
    • 使用方法の工夫によりVOCの排出量を減らすことの出来る製品の開発
    • 低VOC製品を選択するための消費者向けの表示・記載
    • 適正な使用量についての普及啓発
    • 適切な保管方法についての普及啓発
    • 製造段階でのVOCの排出削減、及び取組についての消費者向けの発信
  3. 販売者
    • 低VOC製品の陳列・販売上の工夫

参考資料

表示に関する法令・ガイドライン類

環境ラベルの例

業界団体による低VOC製品のガイドライン類

※業界団体で、一般消費者向けの製品に関連する低VOC製品の基準類を策定された場合は、
当HPにて紹介しますので、下記担当あてに情報をお寄せください。

低VOC製品・資材による工事の普及

お問い合わせ先

環境局環境改善部化学物質対策課 VOC対策担当
電話 03-5388-3457
E-mail S0000626(at)section.metro.tokyo.jp(「(at)」を「@」に変えて送信してください)

メールマガジンはこちら

お問い合せ東京都環境局個人情報保護基本方針サイトポリシーリンク集

東京都|東京都のホームページへ

東京都環境科学研究所