トップページ > 大気・騒音・振動・悪臭対策 > イベント・セミナー・講習 > VOC関連イベント情報 > 平成23年度化学物質対策セミナー -化学物質の環境リスクと排出抑制対策-開催報告

平成23年度化学物質対策セミナー -化学物質の環境リスクと排出抑制対策-開催報告

化学物質の規制とその動向やリスク評価、管理などについてのセミナーを開催いたしました。(参加無料)

東京都主催

平成23年度化学物質対策セミナー -化学物質の環境リスクと排出抑制対策-

平成23年度化学物質対策セミナー開催案内チラシ  第1回 第2回

★終了しました★

  現在、環境リスクが不明な多種多様な化学物質が使用されています。

これら化学物質による環境や人体への影響を防ぐためには、化学物質を取り扱う事業者が当該物質を適正に管理することが必要です。特に揮発性有機化合物(VOC)等の化学物質の排出抑制対策やより安全な物質への転換を進めることで、光化学オキシダントをはじめとした大気環境の改善など、環境リスクを下げることになります。また、こうした取組は、労働環境の改善、溶剤コストの削減、継続的な環境経営の改善にもつながるなどのメリットもあります。

本セミナーでは、国内外の化学物質規制の現状と今後の動向、リスク管理についての話題や、主にVOC対策を中心に事業所における自主管理を促進していただくための実際の対策やメリット等について、解説いたしました。

1 日時・場所

第1回  【満員御礼! 終了しました】

日時 平成23年11月21日(月)
午後1時40分から4時40分まで (開場:午後1時15分)

場所 豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと 会議室B
(豊島区東池袋4-5-2 ライズアリーナビル3階)

第2回 【満員御礼! 終了しました】

日時 平成24年1月19日(木)
午後1時40分から4時40分まで (開場:午後1時15分)  

場所 立川市市民会館 アミューたちかわ 5階 第1会議室
(立川市錦町3-3-20)

2  主な対象   都内の化学物質取扱事業所

3  セミナー内容

(1) 「化学物質規制の現状と動向」 (第1回)経済産業省 製造産業局 化学物質管理課 (第2回)社団法人産業環境管理協会 化学物質総合管理部門 化学物質管理情報センター

平成23年4月から本格施行の始まった改正化審法においては、すべての化学物質について数量等の届出が義務づけられ、さらに優先評価化学物質については、サプライチェーン全体を通じた化学物質管理が求められるようになりました。本講演では、国内の化審法やPRTRのみならず、Reach規則・RoHS指令等の海外の規制の現状及び今後の動向等について御説明いただきました。

●(講演資料1)   第1回 第2回

(2) 「化学物質のリスク管理」 独立行政法人 製品評価技術基盤機構 化学物質管理センター

化学物質を安全に利用していくためには、まず個々の化学物質の有害性と暴露量に基づく科学的なリスク評価をすることが必要です。それらのリスク評価結果に応じた適切な化学物質管理の方法(使用・保管方法の適正化、環境中への排出抑制、有害性に関する情報の適切な伝達等)について御説明いただきました。

●(講演資料2)

(3) 「化学物質の排出抑制事例とメリット」 東京都VOC対策アドバイザー

工夫次第で取り組める様々な化学物質管理対策があります。主に有機溶剤やガソリン等に含まれるVOCを中心に実際の対策事例やメリットについて、東京都VOC対策アドバイザーからこれまでの訪問事例も踏まえて、御紹介いただきました。

●(講演資料3)

※第1回、第2回は同一内容です。ただし、講演者の変わる講演があります。

 

【お問い合わせ】 東京都 環境局 環境改善部 化学物質対策課 VOC対策担当 

電話 03-5388-3457(直通)

メールマガジンはこちら

お問い合せ東京都環境局個人情報保護基本方針サイトポリシーリンク集

東京都|東京都のホームページへ

東京都環境科学研究所