トップページ > 大気・騒音・振動・悪臭対策 > イベント・セミナー・講習 > VOC関連イベント情報 > 平成27年度夏季のVOC対策セミナー(7月31日)(VOC取扱い事業者)

平成27年度夏季のVOC対策セミナー(7月31日)(VOC取扱い事業者)

【開催報告】 作業環境・地球環境に配慮したVOC対策

本セミナーは終了しました。たくさんのご来場、ありがとうございました。

セミナーチラシはこちら

  印刷や塗装などの工程では、有機溶剤に含まれる揮発性有機化合物(VOC)を使用することがあります。これらVOCは、優れた性能や経済性から幅広く使用されていますが、工場や自動車から排出される排ガスとともに太陽の強い光を浴びると、光化学スモッグを発生させます。

 気温が高く、太陽光が強くなる夏場は、光化学スモッグが発生しやすい条件が整っているため、光化学スモッグの発生抑制のためには、可能な限りVOCを排出させない対策が重要になります。

 VOCの排出削減を推進するためには、①作業工程を見直し、VOCを含む有機溶剤の使用料を減らす、②有機溶剤を含まない作業工程に転換するなどの取り組みが必要です。

 本セミナーでは、有機溶剤業務に従事する際の作業環境改善の視点も踏まえ、工場内塗装におけるVOC対策について紹介します。

 

開催概要

日時: 平成27年7月31日(金) 13:20~16:00 (13:00開場)

会場: 都民ホール (新宿区西新宿2-8-1 都議会議事堂1階)

    ※会場詳細はこちら

定員: 200名 (参加無料)

セミナー内容

(1)都内のVOCの現状と夏季VOC対策の重要性 (東京都環境局)

 講演資料①

 光化学スモッグ対策の観点から、夏季のVOC排出抑制の必要性について、国の動向や最近の調査結果を交えて説明しました。

(2)工場内塗装等有機溶剤業務における作業環境管理 (東京労働局)

 講演資料②

 屋内作業場等において、有機溶剤業務に労働者を従事させる際に講ずべき措置について説明いただきました。

(3)自動車板金におけるVOC削減方法 ~使用塗料を30%削減する方法の開発~ (国際工業塗装高度化推進会議)

 講演資料③

 自動車板金において、使用塗料を30%削減する方法を見出した事例について紹介いただきました。

(4)広がる粉体塗料の用途 (国際工業塗装高度化推進会議)

 講演資料④

 VOCを使用しない粉体塗料は、主に鋼製家具や道路資材など、金属の大量生産品で使用されるほか、その特性を生かして使用用途が広がっています。今回は、実際の使用例について紹介します。

お申込み方法 (申込み先着順にて受付   締切: 7月24日(金))

本セミナーは終了しました。たくさんのご来場、誠にありがとうございました。

お問い合わせ先

東京都環境局 環境改善部 化学物質対策課 企画係(VOC対策担当)

東京都新宿区西新宿 都庁第二本庁舎8階

電話 03-5388-3457   FAX 036-5388-1376

メールマガジンはこちら

お問い合せ東京都環境局個人情報保護基本方針サイトポリシーリンク集

東京都|東京都のホームページへ

東京都環境科学研究所