騒音振動対策

 

自分が快適でも他人には迷惑ということもあります。
~ルールを守って静かな環境~

1.各種規制

騒音規制法、振動規制法及び環境確保条例によって、騒音や振動に関する規制が行われています。

1.工場・事業場に対する規制

2.建設工事に対する規制

3.拡声機に対する規制

4.音響機器等の使用制限

5.深夜の営業等の制限

2.環境基準

環境基本法第16条第1項の規定に基づいて、騒音(一般騒音・道路騒音)、航空機騒音及び新幹線鉄道騒音について、環境基準が定められています。

1.騒音に係る環境基準

2.航空機騒音に係る環境基準  (測定結果はこちらからも確認できます)

3.新幹線鉄道騒音に係る環境基準  (測定結果はこちらからも確認できます)

3.測定結果

1.航空機騒音測定結果
羽田空港や横田基地周辺の航空機騒音に関するページです。

2.鉄道騒音測定結果
新幹線や在来線による鉄道騒音に関するページです。

4.自動車騒音に関すること

1.東京の自動車公害対策

自動車交通騒音調査結果

5.その他

1.生活騒音関係
日常生活や音響機器などによる騒音(生活騒音)に関するページです。

2.低騒音型建設機械について
平成18年3月22日に新たに低騒音型建設機械が指定されました。(国土交通省告示第363号)

○低騒音型建設作業機械一覧
一定の限度を超える大きさの騒音を発生しないものとして環境庁長官が指定する建設機械です。
(平成9年環境庁告示第54号)

メールマガジンはこちら

お問い合せ東京都環境局個人情報保護基本方針サイトポリシーリンク集

東京都|東京都のホームページへ

東京都環境科学研究所