東京都の環境アセスメントとは

環境アセスメント(環境影響評価)とは、大規模な開発事業などを実施する際に、あらかじめその事業が環境に与える影響を予測・評価し、その内容について、住民や関係自治体などの意見を聴くとともに専門的立場からその内容を審査することにより、事業の実施において適正な環境配慮がなされるようにするための一連の手続きをいいます。

公害の発生や自然環境の喪失が起こると、健康で快適な生活を損なうばかりでなく、回復が困難な場合があります。良好な環境を保全していくためには、環境アセスメント制度などの未然防止策が重要です。

東京都では、昭和56年10月から、一定規模以上の事業の実施に際し、公害の防止、自然環境、歴史的環境の保全及び景観の保持などについて適正な環境配慮がなされるように、「東京都環境影響評価条例」に基づいた環境アセスメント手続を実施しています。

 

東京都の環境アセスメント制度

都条例に基づく環境アセスメント手続の概要は次のとおりです。

計画段階環境アセスメント(都の策定する計画が対象)

環境配慮書

○事業計画の早い段階における環境アセスメント
○複数案の比較を行う

事業段階環境アセスメント(一定規模以上の事業が対象)
調査計画書 評価書案 評価書案に係る見解書 評価書
○事業実施前の設計・計画に基づき、環境影響を予測・評価
○環境保全のための措置の検討
事後調査
 
事後調査報告書
○事業着手後の追跡調査(工事の施行中・工事の完了後)

 

手続の詳細 手続フロー図
対象となる計画・事業 対象事業一覧

 


 

現在の東京都環境影響評価条例に至る主な経緯
東京都環境影響評価条例計画段階環境アセスメントの検討
昭和55年10月 条例を制定、アセス手続開始    
    平成5年2月 東京都総合環境アセスメント制度検討委員会を設置、新たな制度について検討開始
    平成10年6月 総合環境アセスメント制度試行指針、試行実施要領を策定
    平成10年10月 東京都総合環境アセスメント試行審査会を設置
平成10年12月 条例を改正、調査計画書に係る手続を追加    
    平成12年3月
平成13年4月
制度の試行( 東京都都市計画道路幹線街路放射第5号線及び三鷹都市計画道路三・A・2号線)
    平成13年10月 「東京都総合環境アセスメント制度の本格実施に向けて」答申(試行審査会)
    平成14年4月 「計画段階環境影響評価制度の導入等について」答申(H14審議会議事録)
平成14年7月 条例を改正、計画段階アセス手続を追加    

メールマガジンはこちら

お問い合せ東京都環境局個人情報保護基本方針サイトポリシーリンク集

東京都|東京都のホームページへ

東京都の地球温暖化対策