条例の対象物質31-40

番号 31
物質名 スチレン
CAS No. 100−42−5
別名 スチロール、フェニルエチレン、シンナメン
化学式 C6H5CH=CH2
分子量 104.2
沸点 145℃
水への溶解 310mg/L(℃)
蒸気圧 670Pa(20℃)
比重 0.906
主な用途 樹脂原料
主な有害性 繰り返し接触で皮膚炎、吸入による麻酔作用、眼・粘膜を刺激、IARC2B
適用法規 PRTR制度
(番号)
240
消防法
(危険物)
危険物第4類第2石油類非水溶性液体(1000リットル)
毒物劇物取締法 対象外
労働安全衛生法 危険物(引火性の物)、第2種有機溶剤、名称等を表示すべき有害物
毒劇法で定められた処分方法 規定なし
取扱注意事項

番号 32
物質名 セレンおよびその化合物
CAS No. 7782-49-2(Se)
別名 セレン化水素(セレン酸)、亜セレン酸ナトリウム、二酸化セレンなど
化学式 Se
分子量 78.96
沸点 ――
水への溶解 ――
蒸気圧 ――
比重 ――
主な用途 乾式複写機感光体、熱線吸収ガラスの着色、赤色顔料
主な有害性 蒸気は強毒性、結膜炎・角膜壊死(目)、熱傷・湿疹(皮膚)、嗅覚欠如(吸入)
適用法規 PRTR制度
(番号)
242
消防法
(危険物)
貯蔵等の届出を要する物質セレン(30キログラム)
毒物劇物取締法 毒物
労働安全衛生法 対象外
毒劇法で定められた処分方法 水溶性のもの
沈殿隔離法:水に溶かして、希硫酸を加えて酸性とし、硫化ナトリウム水溶液を加えて沈殿させ、セメントにより固化し、溶出試験後、埋立処分する。
回収法:多量の場合には、加熱蒸発させ、回収する。

不溶性のもの
固化隔離法:背紋とを用いて固化し、溶出試験後、埋立処分する。
取扱注意事項

番号 33
物質名 チウラム
CAS No. 137−26−8
別名 チラム、テトラメチルチウラムジスルフィド
化学式 C6H12N2S4
分子量 240.44
沸点
水への溶解 30mg/L
蒸気圧
比重
主な用途 加硫促進剤、芝生等の病害の殺菌剤
主な有害性 製造工場労働者に皮膚障害、肝機能障害等あり、変異原性あり
適用法規 PRTR制度
(番号)
268
消防法
(危険物)
対象外
毒物劇物取締法 対象外
労働安全衛生法 対象外
毒劇法で定められた処分方法
取扱注意事項

番号 34
物質名 チオベンカルブ
CAS No. 8249−77−6
別名 ベンチオカーブ、
N,N−ジエチルチオカルバミン酸−S−4−クロロベンジル
化学式 C12H16ClNOS
分子量 257.78
沸点 126~129℃
水への溶解 難溶(30mg/L(℃))
蒸気圧
比重 1.14~1.18
主な用途 除草剤
主な有害性 魚毒性
適用法規 PRTR制度
(番号)
147
消防法
(危険物)
対象外
毒物劇物取締法 対象外
労働安全衛生法 対象外
毒劇法で定められた処分方法 規定なし
取扱注意事項

番号 35
物質名 テトラクロロエチレン
CAS No. 127−18−4
別名 パークレン 、 パークロロエチレン
化学式 CCl2=CCl2
分子量 165.85
沸点 121℃
水への溶解 難溶(0.15g/L(25℃))
蒸気圧 1.9kPa(20℃)
比重 1.62
主な用途 ドライクリーニング溶剤、溶剤
主な有害性 繰り返し接触による皮膚炎、高濃度の蒸気暴露で目・鼻・のどを刺激、吸入で麻酔作用、IARC2A
適用法規 PRTR制度
(番号)
262
消防法
(危険物)
対象外
毒物劇物取締法 対象外
労働安全衛生法 第2種有機溶剤、名称等を表示すべき有害物
毒劇法で定められた処分方法 規定なし
取扱注意事項 換気に注意しないと滞留の恐れがある。

番号 36
物質名 1,1,1−トリクロロエタン
CAS No. 71−55−6
別名 メチルクロロホルム
化学式 CH3CCl3
分子量 133.41
沸点 74℃
水への溶解 4.4g/L(20℃)
蒸気圧 13.3kPa(20℃)
比重 1.34
主な用途 金属洗浄、ドライクリーニング溶剤、オゾン層破壊物質
主な有害性 皮膚・目を刺激、高濃度の蒸気暴露で麻酔性と粘膜刺激性あり
適用法規 PRTR制度
(番号)
279
消防法
(危険物)
対象外
毒物劇物取締法 対象外
労働安全衛生法 第2種有機溶剤、名称等を表示すべき有害物
毒劇法で定められた処分方法 規定なし
取扱注意事項 爆発限界10~15.5%。不燃性の液体。

番号 37
物質名 1,1,2−トリクロロエタン
CAS No. 79−00−5
別名
化学式 CH2ClCHCl2
分子量 133.41
沸点 113.8℃
水への溶解 4.5g/L(20℃)
蒸気圧 2.5kPa(20℃)
比重 1.44
主な用途 脂肪・油・樹脂などの溶剤、有機合成用
主な有害性 目・皮膚・気道を刺激、中枢神経、肝・腎影響、長期暴露で皮膚の脱脂
適用法規 PRTR制度
(番号)
280
消防法
(危険物)
対象外
毒物劇物取締法 対象外
労働安全衛生法 対象外
毒劇法で定められた処分方法 規定なし
取扱注意事項

番号 38
物質名 トリクロロエチレン
CAS No. 79−01−6
別名 トリクレン、エチレントリクロライド
化学式 ClCH=CCl2
分子量 131.38
沸点 86.9℃
水への溶解 1.1g/L(25℃)
蒸気圧 7.8kPa(20℃)
比重 1.46
主な用途 脱脂洗浄剤、溶剤、抽出剤(香料)
主な有害性
適用法規 PRTR制度
(番号)
281
消防法
(危険物)
対象外
毒物劇物取締法 対象外
労働安全衛生法 第1種有機溶剤、名称等を表示すべき有害物
毒劇法で定められた処分方法 規定なし
取扱注意事項 爆発限界:8~10.5% 。空気中で室温では引火しない。

番号 39
物質名 トルエン
CAS No. 108−88−3
別名 トリオール、メチルベンゼン
化学式 C6H5CH3
分子量 92.14
沸点 110.6℃
水への溶解 0.56g/L(25℃)
蒸気圧 2.9kPa(20℃)
比重 0.866
主な用途 塗料・インキ溶剤、石油精製品
主な有害性 皮膚・目・のどを刺激、脱脂作用、高濃度で麻酔作用、IARC3
適用法規 PRTR制度
(番号)
300
消防法
(危険物)
危険物第4類第1石油類非水溶性液体(200リットル)
毒物劇物取締法 劇物
労働安全衛生法 第1危険物(引火性)、第2種有機溶剤、名称等を表示すべき有害物
毒劇法で定められた処分方法 燃焼法:ケイソウ土等に吸収させて焼却炉で少量ずつ焼却する。
焼却炉の火室へ噴霧し焼却する。
取扱注意事項 爆発限界:1.2~7.1% 。 極めて引火しやすい。空気との混合ガスは引火爆発する。 蒸気は、空気より重く低所に滞留しやすい。

番号 40
物質名 鉛およびその化合物
CAS No. 7439-92-1(Pb)
別名 硝酸鉛、二酸化鉛、シアナミド鉛など
化学式 Pb
分子量 207.2
沸点
水への溶解
蒸気圧
比重
主な用途 はんだ、防腐剤、防錆顔料、蓄電池、ポリサルファイド系ゴムの硬化剤
主な有害性 慢性毒性は疲労・頭痛・四肢の感覚障害、急性毒性は四肢の麻痺・下痢等で致死、IARC2B
適用法規 PRTR制度
(番号)
304、305
消防法
(危険物)
シアナミド鉛、二酸化鉛など : 貯蔵等の届出を要する物質
毒物劇物取締法 劇物(化合物)
労働安全衛生法 名称等を表示すべき有害物(化合物)
毒劇法で定められた処分方法 沈殿隔離法:水に溶かし、消石灰、ソーダ灰等の水溶液を加えて沈殿させ、さらにセメントを用いて固化し、溶出試験後、埋立処分する。


焙焼法:多量の場合は、還元焙焼法により金属鉛を回収する。
取扱注意事項

メールマガジンはこちら

お問い合せ東京都環境局個人情報保護基本方針サイトポリシーリンク集

東京都|東京都のホームページへ

東京都環境科学研究所

2020年の東京