条例の対象物質51-59

番号 51
物質名 ホルムアルデヒド
CAS No. 50−00−0
別名 ホルマリン(37%水溶液)
化学式 HCHO
分子量 30.03
沸点 −19.5℃
水への溶解 550g/L
蒸気圧 気体
比重
主な用途 鼻カタル、結膜炎、気管支炎
主な有害性 尿素系・メラミン系合成樹脂原料、消毒剤、防腐剤
適用法規 PRTR制度
(番号)
411
消防法
(危険物)
貯蔵等の届出を要する物質ホルムアルデヒド(200キログラム)
毒物劇物取締法 劇物(1%を超えるもの)
労働安全衛生法 第1危険物(引火性の物)、特定化学物質等(第3類物質)、第2種有機溶剤
毒劇法で定められた処分方法 酸化法:多量の水を加えた後、次亜塩素酸塩水溶液を加えて分解する。
水酸化ナトリウム水溶液等でアルカリ性とし、過酸化水素水を加えて分解し、水で希釈する。
燃焼法:アフターバーナーを具備した焼却炉の火室へ噴霧し焼却する。
活性汚泥法
取扱注意事項 爆発限界:7〜73% 。 水溶液の場合(ホルマリン)は、危険性は比較的少ない。

番号 52
物質名 マンガンおよびその化合物
CAS No. 7439-96-5(Mn)
別名 二酸化マンガン、塩化マンガン、過マンガン酸カリ など
化学式 Mn
分子量 54.94
沸点
水への溶解
蒸気圧
比重
主な用途 乾電池、染色工業、臭気・有機物の除去
主な有害性 粉塵の吸入で肺が冒される、神経疾患、神経精神障害
適用法規 PRTR制度
(番号)
412
消防法
(危険物)
過マンガン酸カリ:危険物第1類過マンガン酸塩類(50キログラム)
毒物劇物取締法 対象外
労働安全衛生法 特定化学物質等(第2類物質)
毒劇法で定められた処分方法 規定なし
取扱注意事項

番号 53
物質名 メタノール
CAS No. 67−56−1
別名 メチルアルコール、木精
化学式 CH3OH
分子量 32.04
沸点 64.65℃
水への溶解 任意の割合で溶ける
蒸気圧 12.3kPa(20℃)
比重 0.793
主な用途 ホルマリン、酢酸の原料
主な有害性 皮膚炎、吸入で頭痛・めまい・下痢・腹痛、失明や死に至ることあり
適用法規 PRTR制度
(番号)
対象外
消防法
(危険物)
危険物第4類アルコール類(400リットル)
毒物劇物取締法 劇物
労働安全衛生法 危険物(引火性の物)、第2種有機溶剤、名称等表示すべき有害物
毒劇法で定められた処分方法 燃焼法:ケイソウ土等に吸収させ焼却する。
焼却炉の火室へ噴霧し焼却する。
活性汚泥法
取扱注意事項 爆発限界:6〜35.6% 。 揮発性が大きく、引火しやすい。蒸気の重さは、空気と同程度。

番号 54
物質名 メチルイソブチルケトン
CAS No. 108−10−1
別名 4−メチル−2−ペンタノン、イソブチルメチルケトン
化学式 (CH3)2CHCH2COCH3
分子量 88.17
沸点 118℃
水への溶解 19.1g/L
蒸気圧 2.13kPa(20℃)
比重 0.802
主な用途 合成樹脂、ラッカー溶剤、爪用化粧品原料
主な有害性 眼・皮膚・気道を刺激、麻酔性あり
適用法規 PRTR制度
(番号)
対象外
消防法
(危険物)
危険物第4類第1石油類非水溶性液体(200リットル)
毒物劇物取締法 対象外
労働安全衛生法 危険物(引火性の物)、第2種有機溶剤、名称等を表示すべき有害物
毒劇法で定められた処分方法 規定なし
取扱注意事項 爆発限界:1.2%(測定温度93℃)〜8%(測定温度93℃)。蒸気は空気より重く低所に滞留して爆発性混合ガスをつくる。

番号 55
物質名 メチルエチルケトン
CAS No. 78−93−3
別名 2−ブタノン 、 エチルメチルケトン、 MEK
化学式 CH3COC2H5
分子量 72.12
沸点 79.6℃
水への溶解 可溶
蒸気圧 100mmHg
比重 0.805
主な用途 合成樹脂原料、ラッカー用溶剤、印刷インキ用溶剤、洗浄剤
主な有害性 繰り返し接触で皮膚炎、高濃度蒸気で目・鼻・のどを刺激、蒸気吸入で麻酔作用あり
適用法規 PRTR制度
(番号)
対象外
消防法
(危険物)
危険物第4類第1石油類非水溶性液体(200リットル)
毒物劇物取締法 劇物
労働安全衛生法 危険物(引火性のもの)、第2種有機溶剤、名称等を表示すべき有害物
毒劇法で定められた処分方法 燃焼法:ケイソウ土等に吸収させ、焼却する。
焼却炉の火室へ噴霧し焼却する。
取扱注意事項 爆発限界:1.4%(測定温度93℃)〜11.4%(測定温度93℃)。 揮発性が大きく、極めて引火しやすい。 蒸気は空気より重く、低所に滞留し爆発性混合ガスをつくりやすい。 酸化剤と接触すると激しく反応して発火する。

番号 56
物質名 有機リン化合物(EPN)
CAS No. 2104−64−5
別名 O−エチル=O−4-ニトロフェニル=フェニルホスホノチオアート
化学式 C14H14NO4PS
分子量 323.3
沸点
水への溶解 3.11mg/L(20℃)
蒸気圧 0.01Pa(25℃)
比重 1.27
主な用途 殺虫剤
主な有害性 マウスに対する急性経口毒性LD50=42mg/キログラム、経皮毒性が少ないため散布中の中毒事故は比較的少ない。
適用法規 PRTR制度
(番号)
48
消防法
(危険物)
対象外
毒物劇物取締法 毒物、 1.5%以下のものは劇物
労働安全衛生法 対象外
毒劇法で定められた処分方法 燃焼法:おがくず等に吸収させてアフターバーナーおよびスクラバーを具備した焼却炉で焼却する。
可燃性溶剤とともにアフターバーナーおよびスクラバーを具備した焼却炉の火室へ噴霧し、焼却する。
取扱注意事項

番号 57
物質名 硫酸
CAS No. 7664−93−9
別名 希硫酸、濃硫酸(〜95%)、発煙硫酸(>98%)
化学式 H2SO4
分子量 98.08
沸点
水への溶解
蒸気圧
比重
主な用途 中和剤、肥料工業、繊維・金属精錬
主な有害性 失明、気道や肺を冒す、飲み込むと致死
適用法規 PRTR制度
(番号)
対象外
消防法
(危険物)
貯蔵等の届出を要する物質硫酸(200キログラム)
毒物劇物取締法 劇物
労働安全衛生法 特定化学物質等(第3類物質)
毒劇法で定められた処分方法 中和法:徐々に石灰乳などの攪拌溶液に加えて中和させた後、多量の水で希釈して処理する。
取扱注意事項 硫酸そのものは爆発性、引火性はないが、希釈された硫酸が鉄などと反応して水素を発生したとき、引火、爆発の危険がある。

 

番号 58
物質名 ほう素及びその化合物
CAS No. 7440-42-8 (B)
別名 ほう酸、三塩化ほう素、など
化学式
分子量
沸点
水への溶解
蒸気圧
比重
主な用途 ガラス、殺虫剤、ニッケル鍍金添加、エッチングなど
主な有害性 粘膜を刺激、飲み込むと悪心、嘔吐、下痢など
適用法規 PRTR制度
(番号)
405
消防法
(危険物)
三塩化ほう素:貯蔵等の届出を要する物質
毒物劇物取締法 三塩化ほう素:毒物
労働安全衛生法
毒劇法で定められた処分方法
取扱注意事項

番号 59
物質名 1,4-ジオキサン
CAS No. 123-91-1
別名 酸化ジエチレン
化学式 C4H8O2
分子量 88.11
沸点 101.1
水への溶解 水と混和する
蒸気圧 37 mmHg
比重 1.0329
主な用途 有機化合物を合成する際の反応溶剤、他種々の溶媒
主な有害性 発がん性のおそれ、臓器障害のおそれ、皮膚刺激性のおそれ
適用法規 PRTR制度
(番号)
150
消防法
(危険物)
第4類第1石油類
毒物劇物取締法 対象外
労働安全衛生法 引火性の物、第二種有機溶剤、名称等表示すべき有害物
毒劇法で定められた処分方法 規定なし
取扱注意事項 引火性があるので蒸気を気散させないようにする。酸化剤との接触、着火源により引火する。

メールマガジンはこちら

お問い合せ東京都環境局個人情報保護基本方針サイトポリシーリンク集

東京都|東京都のホームページへ

東京都環境科学研究所

2020年の東京