平成11年度 東京都内大気中のダイオキシン類の調査結果(概要)

平成12年6月13日
環境局

東京都内大気中のダイオキシン類の調査結果
(平成11年度)

 このたび、平成11年度の調査結果がまとまりましたので、お知らせします。

1 都内大気中のダイオキシン類は、全調査地点(20地点)で「大気環境基準」(年平均値 0.6pg-TEQ/m3)を達成した。
2 全調査地点のうち16地点で前年度より濃度が低下し、特に平成9年度、10年度最高濃度を記録した清瀬市下宿では大幅に低下した。

1 調査の概要

 (1) 調査時期

  1春季:平成11年 5月18日(火)、19日(水)
  2夏季:平成11年 8月 3日(火)、 4日(水)
  3秋季:平成11年11月 9日(火)、10日(水)
  4冬季:平成12年 2月 1日(火)、 2日(水)   それぞれ24時間連続採取

 (2) 調査地点
 バックグラウンド1地点(西多摩郡檜原)を含む20地点( 別図参照

 (3) 調査対象物質
 ダイオキシン類:ポリ塩化ジベンゾ−パラ−ジオキシン(PCDD) 13種類
  ポリ塩化ジベンゾフラン (PCDF) 16種類
 コプラナーポリ塩化ビフェニル(コプラナーPCB)12種類

 (4) 採取方法及び分析方法
   「有害大気汚染物質測定方法マニュアル(環境庁大気規制課)(平成11年3月)」に準拠した。

 (5) 担当及び分析機関
 担当:八王子市で実施した市内1地点の夏季、冬季以外は、すべて都で実施
  分析機関:東京都分:(株)環境エンジニアリング / 八王子市分:(株)環境管理センター


  2 調査結果の概要
   平成11年度の調査結果は、 表1 のとおりであった。

(1) 環境基準の適合状況
 ダイオキシン類の評価は、測定地点ごとに年平均値と「大気環境基準」(年平均値0.6 pg-TEQ/m 3 )とを比較して行うこととなっている。
調査結果をみると、バックグラウンド地点(西多摩郡檜原)の年平均値は0.061pg-TEQ/m 3 、それ以外の19地点の年平均値は0.14〜0.51pg-TEQ/m 3 の範囲にあり、全地点で環境基準を達成した。なお、年平均値が一番高いのは葛飾区鎌倉であった( 表1 参照)。

(2) 測定値の年間変動
バックグラウンド以外の各地点の年平均値は0.27pg-TEQ/m 3 であり、調査日毎の平均濃度は0.12〜0.57pg-TEQ/m 3 であった。このように、変動幅が大きいのは大気安定度、風速等の気象状況の変化によるものと思われる( 表1 参照)。

(3) ダイオキシン類濃度の経年変化
 平成11年度の各地点の濃度は、大部分の地点で前年度を下回り、平成9年度、10年度の結果を含めて比較すると、改善傾向は明瞭である。特に、平成9年度(1.5pg-TEQ/m 3 )及び10年度(0.74pg-TEQ/m 3 )に最高濃度を記録した清瀬市下宿の濃度は、0.29pg-TEQ/m 3 へと大幅に低下した。この地点は都県境にあり、隣接県の環境濃度が低下した影響を受けたためと考えられる( 図1 参照)。
なお、清瀬市下宿周辺で2地点(東村山市久米川町、清瀬市上清戸)を選び、汚染の範囲等を調べるための高濃度地点周辺調査を行ったが、結果は清瀬市下宿と同程度であった( 表1 参照)。

(4) ダイオキシン類の構成割合等
 ダイオキシン類に占めるPCDD、PCDF、コプラナーPCBの濃度の比率は、それぞれ20〜44%(平均29%)、51〜76%(平均66%)、3.7〜10%(平均5.1%)であり、焼却排ガスに多く含まれるPCDFの割合が高い( 図2 )。

3 今後の対応

(1) 平成12年度は、調査の充実を図るため、各地点において測定回数を年4回(測定日数8日)から年12回(測定日数12日)に増加する。また、高濃度地点周辺調査については、新たに平成11年度最高濃度を記録した葛飾区鎌倉周辺の1地点で年4回調査を行う。
(2) 広域的な汚染状況を把握するとともに、区市町村及び隣接県市と調査日程の調整等を行うため、連絡会議を開催するなど連携を強めていく。

 

気象状況(東京管区気象台のデータ)

平成11年度
月日 天気 平均風速(m/s) 安定度
第1回 5月18日 2.9 不安定
5月19日 雨後一時曇 2.3 絶対安定
平年 3.4
第2回 8月 3日 3.6 不安定
8月 4日 晴一時曇 2.9 不安定
平年 3.3
第3回 11月 9日 晴後一時雨 4.1 絶対安定
11月10日 快晴 3.6 不安定
平年 3.2
第4回 2月 1日 快晴 4.5 不安定
2月 2日 曇後晴 3.7 絶対安定
平   年 3.6

注)
絶対安定:地上と高度1,000mの気温差が7℃未満の状態をいい汚染物質の拡散は小さくなる。
不安定:地上と高度1,000mの気温差が7℃以上の状態をいい、汚染物質の拡散は大きくなる。

 

用語の解説

1 ダイオキシン類
ダイオキシン類とは、従来はポリ塩化ジベンゾ−パラ−ジオキシン(PCDD)とポリ塩化ジベンゾフラン(PCDF)の総称であったが、ダイオキシン類対策特別措置法の施行により、コ プラナーポリ塩化ビフェニル(コプラナーPCB)を加えた3物質の総称となった。ダイオキシ ン類には、PCDDには75種類,PCDFには135種類、コプラナーPCBには12種類の 異性体がある。

2 pg
1兆分の1gを表す単位で、ピコグラムという。

3 TEQ
ダイオキシン類は各異性体の毒性が異なるため、2,3,7,8-四塩化ジベンゾ−パラ−ジオキシンの量に換算して合計した毒性等量(TEQ)により表したものを示す。2,3,7,8-四塩化ジベンゾ−パ ラ−ジオキシンの毒性への換算は、測定により得られるダイオキシン類の各異性体の濃度に毒性 等価係数(TEF)を乗じて合計する。この際用いる毒性等価係数は、WHOーTEF(1998)である。なお、この毒性等価係数は従前用いられていたWHO−TEF(1997)と同一のものである。


メールマガジンはこちら

お問い合せ東京都環境局個人情報保護基本方針サイトポリシーリンク集

東京都|東京都のホームページへ

東京都環境科学研究所

2020年の東京