このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

土壌汚染対策

ページ番号:108-900-538

東京都における土壌汚染対策についてご案内するページです。
東京都内における土壌汚染対策については、「土壌汚染対策法」に基づく手続及び「都民の健康と安全を確保する環境に関する条例(環境確保条例)」に基づく手続があります。
その他土壌汚染対策関連の情報(ダイオキシンによる土壌汚染対策、中小企業のための土壌汚染対策ガイドライン、簡易分析法、土壌汚染対策検討委員会など)についてもご紹介しています。

更新情報

2018年8月15日
要措置区域等の情報を更新しました。
2018年7月25日
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。平成30年度第2回土壌汚染対策検討委員会を開催します。(PDF:150KB)
2018年6月4日
都民の健康と安全を確保する環境に関する条例改正案(土壌汚染対策制度)に関する意見募集を開始します。
2018年5月24日
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。平成30年度第1回土壌汚染対策検討委員会を開催します。(PDF:149KB)
2018年3月13日
新規ウインドウで開きます。平成29年度第3回土壌汚染対策検討委員会の資料を掲載しました。
2018年2月22日
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。平成29年度第3回土壌汚染対策検討委員会を開催します。(PDF:150KB)
2018年2月15日
平成29年度第2回土壌汚染対策検討委員会の資料を掲載しました
2018年1月23日
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。第11回土壌汚染対策セミナー・第13回 土壌汚染処理技術フォーラムを開催します。(PDF:199KB)
2018年1月23日
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。平成29年度第2回土壌汚染対策検討委員会を開催します。(PDF:149KB)
2017年12月1日
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。「平成29年第1回土壌汚染対策検討委員会」の資料を掲載しました。(PDF:3,276KB)
2017年11月20日
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。平成29年度第1回土壌汚染対策検討委員会を開催します。(PDF:149KB)
2017年4月1日
塩化ビニルモノマー(別名クロロエチレン)が平成29年4月1日より(特定)有害物質に追加されました。
東京都の土壌汚染関係手続きの概要についてのリーフレットダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。「土壌汚染の調査及び対策について」 (PDF:1,009KB)を更新しました。
2017年3月13日
土壌汚染処理技術フォーラムの情報を更新しました。
2017年2月17日
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。リーフレット(暫定版)《土壌汚染の規制対象物質に「クロロエチレン(塩化ビニルモノマー)」が追加されます》を掲載しました。(PDF:122KB)
2016年12月1日
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。「土壌汚染対策法及び環境確保条例に基づく届出書等の作成の手引」を更新しました。(PDF:5,599KB)
2016年12月1日
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。「土壌汚染対策法及び環境確保条例に基づく届出書等の作成の手引」の正誤表を掲載しました。(PDF:109KB)
2016年9月26日
土壌汚染対策セミナーの情報を更新しました。
2016年4月14日
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。自然由来特例区域において、認定調査の特例を適用することができます。(PDF:130KB)
2016年3月24日
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。土壌汚染対策制度の見直しに向けた国への意見提出について(外部サイト)

土壌汚染対策法及び環境確保条例に関する相談窓口

  • 土壌汚染対策法の相談窓口は こちら
  • 環境確保条例(土壌・地下水汚染対策関連)の相談窓口は こちら

このページに関するお問い合わせ先
〒163-8001
東京都新宿区西新宿2-8-1
東京都庁第二庁舎20階北側
東京都環境局環境改善部化学物質対策課
土壌地下水汚染対策担当
電話:03-5388-3495(直通)
電話:03-5388-3456(直通)
電話:03-5388-3430(直通)
FAX 03-5388-1376
E-mail: S0000626@section.metro.tokyo.jp

〒190-0022
東京都立川市錦町4-6-3
東京都立川合同庁舎3階
東京都多摩環境事務所環境改善課
土壌地下水対策担当
電話:042-523-3517(直通)
FAX 042-522-9511

ページの先頭へ

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ


本文ここまで

ピックアップ情報 Pick up!

ピックアップ情報

以下フッターです。