新エネルギーフォーラムin東京2008

平成19年度のイベント

平成20年1月17日

東京都は、平成18年12月に策定した「10年後の東京」において、東京を世界で最も環境負荷の少ない都市とすることを目指し、都内において100万kW当の太陽エネルギーの導入を目標に掲げている。
この目標の実現に向け、平成19年3月には「太陽エネルギー利用拡大会議」を設置し、設備機器メーカーや住宅メーカー、電気・ガス等のエネルギー供給事業者、学識経験者等と共に、太陽光・太陽熱の具体的な普及拡大策について検討を実施している。
本フォーラムでは、太陽エネルギー技術及び導入政策の最新の動向と、これまでの太陽エネルギー利用拡大会議での議論を踏まえながら、東京都における太陽エネルギーの利用拡大策について紹介した。


主催:東京都、独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
協力:NPO法人建築環境・設備技術情報センター(AEI)
NPO法人環境エネルギー政策研究所(ISEP)
後援:社団法人日本建築学会、日本太陽エネルギー学会、社団法人ソーラーシステム振興協会、太陽光発電協会
参加費:無料
定員:250名


プログラム
※ プログラムをクリックすると、当日配布した資料がご覧になれます。

9:30~9:35 あいさつ
 東京都環境局長  吉川 和夫
9:35~10:25 世界の都市における太陽エネルギーの利用拡大政策
環境エネルギー政策研究所 研究員 山下紀明
10:25~11:15 都市における建築群の太陽エネルギー有効利用について
 建築環境・設備技術情報センター 理事長 中島康孝
11:15~11:50 太陽光発電の最新技術・活用方法
太陽光発電協会 幹事 杉本完蔵
11:50~13:00 昼食
13:00~13:35 太陽熱の最新技術・活用方法
株式会社 サンジュニア 代表取締役社長 西原秀次
13:35~14:20 太陽エネルギー利用拡大会議における検討内容及び連携プロジェクトの実施について
東京都環境局 主任 上原麻衣子
14:20~14:30 休憩
14:30~16:20 パネルディスカッション「100万kW太陽エネルギー利用拡大に向けて」
  【コーディネーター】
環境エネルギー政策研究所 飯田哲也
【パネリスト】
東京電力株式会社 影山嘉宏
東京ガス株式会社 永田敬博
京セラ株式会社 本多潤一
矢崎総業株式会社 浅井俊二
東京都環境局 小原 昌
16:20~16:30 アンケート回答 終了

お問い合わせ先
東京都 環境局 地球環境エネルギー部 地域エネルギー課
電話 03-5388-3533

東京都環境局ニュース一覧へ戻る

メールマガジンはこちら

お問い合せ東京都環境局個人情報保護基本方針サイトポリシーリンク集

東京都|東京都のホームページへ

東京都の地球温暖化対策

地球温暖化防止キャンペーン

クール・ネット東京