トップページ > 気候変動対策 > 新築建物及び大規模開発における対策

新築建物及び大規模開発における対策

オフィスビルなどの建築物については、「建築物環境計画書制度」(オフィスビルやマンションなどの新築・増築時に環境配慮を求めるもの)により、大規模建築物のエネルギー使用の合理化やヒートアイランド現象の緩和などの環境配慮の取組を推進しています。
今後は、本制度の拡充により、大規模な建築物の省エネ性能の一層の向上やCO2削減対策を推進していきます。


建築物環境計画書制度は、「エネルギーの使用の合理化」「資源の適正利用」「自然環境の保全」「ヒートアイランド現象の緩和」の4分野における取組について、東京都へ計画書として提出し、東京都のHPで公表するものになっています。


マンション環境性能表示は、大規模な新築又は増築マンションの販売広告に、「建物の断熱性」、「設備の省エネ性」、「太陽光発電・太陽熱」、「建物の長寿命化」、「みどり」という5つの環境性能を示すラベルの表示を義務付ける制度です。
マンション環境性能表示は、特定マンションの建築主が都に提出する「建築物環境計画書」の内容に基づき評価します。


省エネルギー性能評価書は、新築、または増築される大規模なオフィスビルや商業ビル等を売却、賃貸、または信託受益権を譲渡しようとする場合に、相手方に対して建築物の省エネルギー性能の評価を記載した書面(省エネルギー性能評価書)を交付することを義務付ける制度です。
省エネルギー性能評価書は、建築主が都に提出する「建築物環境計画書」の内容に基づき評価します。

お問い合わせ

東京都環境局 地球環境エネルギー部 環境都市づくり課
「東京都建築物環境計画書制度」ヘルプデスク
〒163-8001 新宿区西新宿2-8-1 都庁第二本庁舎16階中央
TEL:03-5320-7879
メールアドレスbuilding@kankyo.metro.tokyo.jp

メールマガジンはこちら

お問い合せ東京都環境局個人情報保護基本方針サイトポリシーリンク集

東京都|東京都のホームページへ

東京都の地球温暖化対策

地球温暖化防止キャンペーン

クール・ネット東京