このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

暑くなる東京

ページ番号:197-585-610

更新日:2018年2月9日

東京の年平均気温は、過去100年で約3℃の上昇がみられ、他の大都市の平均上昇気温2.4℃、中小規模の都市の平均上昇気温1℃に比べて大きな上昇です。

気温上昇の原因には、地球温暖化の影響もありますが、ヒートアイランド現象を含む都市温暖化の傾向が、顕著に現れています。

average temperature tokyo.jpg

真夏日の増加

夏場の最高気温が30℃を超える日数をみると、近年の増加傾向が明らかです。特に90年代に入ってからは、35℃以上の日数も増加するなど、東京の夏は、ますます暑くなってきています。

資料:環境省HPより

熱帯夜の増加

熱帯夜(日最低気温が25℃より下がらない日)日数は、1970年代から増加しています。
近年のデータを単年でみると、1999年の46日をピークに、2000年に41日/年を記録したあと、ふたたび2001年に41日/年、その後、2006年と2009年に20日と低下したものの、近年は過去最高のレベルとなっています。
夜間の気温上昇は、睡眠障害を引き起こすなど、都民の健康に直接悪影響を及ぼす問題です。

summer nights tokyo.jpg

冬日の減少

冬日(日最低気温が0℃未満の日)日数の減少は、顕著です。単年でみると、1960年代では40日/年を超えることもあったのに対し、過去10年では2006年の6日(平成20)を最高に、2004年、2007年、2009年は0日/年を記録しています。
冬季の気温上昇は、感染症増加のリスク拡大など、都民の健康に影響を及ぼす問題です。

frost days tokyo.jpg

熱中症

近年では、熱中症[*]等による救急搬送人数が増加していますが、熱中症による死亡と真夏日・熱帯夜の日数に相関関係があるという研究も報告されています。

[*]熱中症 : 熱けいれん、熱失神・日射病、熱疲労、熱射病などの総称で、一般的に暑い日の野外活動や体育館など、高温環境下で発症し、体温維持のための生理的反応より生じた失調状態から全身の臓器の機能不全に至るまでの連続的な病態

heat stroke tokyo.jpg

ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。熱中症に気をつけて!(熱中症予防)(PDF:301KB)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は地球環境エネルギー部 環境都市づくり課です。


本文ここまで

ピックアップ情報 Pick up!

ピックアップ情報

以下フッターです。