このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

実績報告

ページ番号:669-265-650

更新日:2018年3月20日

東京では、猛暑日や熱帯夜が増加するなど夏の暑さが課題となっており、また、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会開催といった観点からも、暑さ対策を進めていくことが求められています。
そこで、涼を得るための江戸の知恵である「打ち水」が、東京のおもてなし(作法)として定着することを目指して、「打ち水日和」と銘打った打ち水イベントを行います。
なお、当イベントは、打ち水大作戦本部が主催する「打ち水大作戦2017」(事務局:特定非営利活動法人日本水フォーラム)の開幕イベントとしても位置付けられています。

平成29年度

打ち水日和概要

平成29年7月20日に各地で打ち水を実施

≪参加状況概要≫

  1. 参加団体数・参加見込み人数 153団体・13,450人
  2. 主な打ち水実施団体
    オリンピック・パラリンピック等経済界協議会、一般企業、区市、都立公園、小学校、商店会、ラジオ体操団体など

※「打ち水実施団体」詳細はこちら⇒ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。打ち水実施団体一覧(PDF:308KB)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は地球環境エネルギー部 環境都市づくり課です。


本文ここまで

ピックアップ情報 Pick up!

ピックアップ情報

以下フッターです。