トップページ > 気候変動対策 > 家庭における対策

家庭における対策

2011年の震災以降、多くのご家庭や事業所で節電や省エネが実践されています。
しかし、電気料金の値上げやCO2排出量の大きい火力発電による電力供給が増加している現状を踏まえると、引き続き、節電・省エネは重要です。
「賢い節電・省エネ」の推進は、地球温暖化問題への重要な取組であると同時に、現在、日本が直面するエネルギー問題の解決策のひとつにもつながっています。
エネルギー使用の無駄を見直して、無理なく「賢い節電・省エネ」を続けましょう。

【賢い節電3原則】
1.無駄を排除し、無理なく「長続きできる省エネ対策」を推進
2.ピークを見定め、必要なときにしっかり節電(ピークカット)
3.経済活動や都市のにぎわい・快適性を損なう取組は、原則的に実施しない。

家庭向け「賢い節電」7か条 <夏>

1.夏は、冷蔵庫の庫内温度設定「中」を徹底

2.テレビの省エネモード・画面の輝度を下げる設定を徹底

3.白熱電球は、LED電球や電球形蛍光灯へ交換

4.「実際の室温が28℃」を目安に、それを上回らないよう、エアコンや扇風機などを上手に使う。
〈湿度が高い日は室内温度を下げたほうが省エネに〉

①フィルターをこまめに掃除する、②扇風機で室内の空気をかき回す、
③すだれや緑のカーテンで日射を遮る、④室外機のまわりに物をおかない、
⑤室外機への日射を遮るために、すだれで日陰をつくる、
⑥除湿運転や頻繁なオン・オフを行わない、
など、いろいろな節電ポイントがあります。

5.猛暑日にはエアコン使用の過度な抑制は行わない。

   熱中症に注意して、猛暑日に健康を損なうような無理なガマンはやめましょう。

6.家電製品等のこまめな省エネを実践

   不要なときはテレビや照明を消す。使わないときはプラグをコンセントから抜くなど。

7.消費電力の大きい家電製品は、平日午後2時前後での使用を控える。
  電力需給ひっ迫が案内された時には、特に、使用を控える

IHクッキングヒーター、電子レンジ、電気ポット、アイロン、浴室乾燥機、洗濯乾燥機など、特に消費電力の大きい家電製品について、夏は平日の午後2時前後での使用を控えましょう。電子レンジ使用時には炊飯器を使わないなど、消費電力の大きい家電製品の同時使用を避けましょう。

■東京都認定「家庭の省エネアドバイザー」をご活用ください
「小学校のPTAのイベントで勉強会をやりたい」「子育て広場や町会等で節電・省エネについて学びたい」などの時、東京都認定の「省エネアドバイザー」を講師として派遣することができます(無料)。 詳しくは、クールネット東京(電話 03-5990-5065)まで、お問い合わせください。

日常生活における対策

家庭における省エネ・節電の推進に向けて、ご家庭に具体的な対策のアドバイスを行う「家庭の省エネアドバイザー」などの取組を展開しています。また、消費者に家電の省エネ性能を店頭で情報提供する「家電製品の省エネラベリング」などの取組を通じて、家庭部門地球温暖化対策のさらなる推進を図っています。

その他の対策

■ 温暖化防止活動推進センターでの取組

■ 九都県市での取組

メールマガジンはこちら

お問い合せ東京都環境局個人情報保護基本方針サイトポリシーリンク集

東京都|東京都のホームページへ

東京都の地球温暖化対策

地球温暖化防止キャンペーン

クール・ネット東京