地球温暖化対策

都庁太郎 東京においては、地球温暖化と、ヒートアイランド現象という「2つの温暖化」が同時に進行していて、私達の環境に影響を与えています。 これら2つの温暖化を防ぐため、東京都は以下のような対策を実施しています。

省エネルギー対策の推進

地球温暖化は私たちが大量のエネルギーを使用し、大量の二酸化炭素を排出することによって引きおこされています。
東京都は都内で大量のエネルギーを消費している大規模な工場やホテル、オフィスビルなどから、省エネルギー対策の計画書を提出してもらい、よりいっそう効果的に省エネルギー対策に取り組んでもらうように働きかけています。
また、家庭で使用されるエネルギーも著しく増加しています。
皆さんが、エアコン、テレビ、冷蔵庫などの電化製品を買い換える際、省エネルギー型製品を選んでくれるよう、製品の省エネ性能がはっきりとわかる省エネラベルの、普及に努めています。

家電の省エネラベル
平成18年10月1日からこのラベルに変更になりました!

さらに、東京都は、私たちがマンションを購入するときに、いかにそのマンションが環境によいものなのかという情報がわかりやすいように、新聞広告や折込チラシなどに3段階で評価した環境性能を表示するように義務付ける制度を 行っています。

東京都マンション環境性能表示ラベル

再生可能エネルギーの推進

再生可能エネルギーとは、資源が有限な石油・石炭などの化石燃料とは異なり、太陽光や風力など枯渇することのないエネルギー源のことを言います。
石油や石炭によって発電されたエネルギーのかわりに、再生可能エネルギーを使用することによって、地球温暖化の原因となる二酸化炭素の排出を抑制することができます。

東京都は、東京湾の埋立地に、「東京風ぐるま」という2基の風車を建設したり、都議会議事堂の屋上に太陽光発電を設置したり、水素を使って走る「燃料電池バス」※の走行実験を行うなど、再生可能エネルギーの推進に努めています。

※現在燃料として使用されている水素は、化石燃料を利用して作られていますが、将来的に水を分解して、水素を取り出すことにより再生可能エネルギーとして利用されることが期待されています。

風ぐるま

風ぐるま

太陽光パネル

太陽光パネル

燃料電池バスと水素ステーション

燃料電池バスと水素ステーション

 
「ヒートアイランド現象ってなに?」へ 「東京都の対策〜ヒートアイランド対策」へ

メールマガジンはこちら

お問い合せ東京都環境局個人情報保護基本方針サイトポリシーリンク集

東京都|東京都のホームページへ

東京都の地球温暖化対策

地球温暖化防止キャンペーン

クール・ネット東京