地球温暖化ってなに?

地球の平均気温が高くなってるんだって。どうしてだろう?都市くん

私たちのすんでいる地球の平均気温は、近年、どんどん高くなってきています。
これは、二酸化炭素(CO2)などの「温室効果ガス」が大気中で増えすぎたことが原因です。
この「温室効果ガス」は、地球のまわりを温室のビニールのように取り囲み、地球を暖めています。温室効果ガスが地球上に全くなくなってしまうと、地球の気温は約マイナス18℃になってしまいますが、温室効果ガスが適度に地球を取り囲み、温室のように地球を暖めてくれることによって、地球の平均気温は約15℃に保たれ、生物にとって快適な温度にしてくれます。
しかし、近年、人間の活動によって、大量の温室効果ガスが大気中に放出され、地球の気温が上昇し、自然界のバランスを崩しています。これが、地球温暖化です。
このままのスピードで温室効果ガスが増え続け、気温が上昇すれば、地球環境が悪化し、私たちの生活や健康に大きな被害がもたらされることになります。

温室効果ガスが増えると太陽の熱が放出されにくくなり、地球に熱がこもった状態

温室効果ガスが増えると・・・

太陽からのエネルギーは、地球の表面に達し、地表を暖めます。暖められた地表面からは太陽の熱(赤外線)が放出され、再び宇宙に帰っていきますが、そのうちの一部が、地球のまわりを取り囲む「温室効果ガス」によって吸収され、地球を暖めます。
温室効果ガスが増えると、地表面からの太陽の熱(赤外線)が放出されにくくなり、地球に熱がこもった状態になってしまうのです。

おんだん博士温室効果ガスが増えたことが地球温暖化の原因なんだ!

「温室ガスはなぜ増える?」へ

メールマガジンはこちら

お問い合せ東京都環境局個人情報保護基本方針サイトポリシーリンク集

東京都|東京都のホームページへ

東京都の地球温暖化対策

地球温暖化防止キャンペーン

クール・ネット東京