トップページ > 気候変動対策 > 大規模事業所における対策 > 制度概要 > 第2計画期間の削減義務等について

「総量削減義務と排出量取引制度」に関する第2計画期間の削減義務率等について

2014.06.19最終更新

東京都は、日本で初めての温室効果ガス総量削減義務と排出量取引制度 (キャップ&トレード制度) を2010年4月から運用開始してまいりました。
都は、これまでの制度運用で得られた知見のほか、対象事業者の皆様のご協力を得て実施した現地調査や制度説明会などでいただいたご意見等を踏まえ、第2計画期間の削減義務率等の検討を進めてきました。
2013 年3月に実施したパブリックコメントの結果等も踏まえ、以下のように、「温室効果ガス総量削減義務と排出量取引制度の第2計画期間の削減義務率等」を決定しましたのでお知らせいたします。

 

資料のダウンロード

第2計画期間の事項等に関する資料については、下記リンクから御覧ください。説明会で配布した資料を公開しております。

最新版は2014年度説明会資料となります。
2013年度説明会資料は、説明会開催当時の内容となりますので、御覧になられる際は御注意ください。

 

よくある質問・回答集

第2計画期間に関する、「よくある質問・回答集」を用意しております。下記リンクより御覧ください。

 

これまでの経緯

メールマガジンはこちら

お問い合せ東京都環境局個人情報保護基本方針サイトポリシーリンク集

東京都|東京都のホームページへ

東京都の地球温暖化対策

地球温暖化防止キャンペーン

クール・ネット東京