トップページ > 気候変動対策 > 大規模事業所における対策 > 制度概要 > 第2計画期間の削減義務等について > 第2計画期間の義務率等の決定について > 第2計画期間の義務率等に対する意見募集(パブリックコメント)について

「総量削減義務と排出量取引制度の第2計画期間の義務率等」に対する意見募集(パブリックコメント)について

  東京都は、日本で初めての温室効果ガス総量削減義務と排出量取引制度(キャップ&トレード制度)を平成22(2010)年4月から運用開始し、約3年が経過しました。
  都は、平成21(2009)年度に第1計画期間(平成22(2010)~26(2014)年度)の削減義務率(8%又は6%)を公表した際、事業所において長期的な投資計画を立てやすくするため、あわせて、平成27(2015)年度から始まる第2計画期間の義務率の見込みについても17%と公表しています。  
  第2計画期間の開始まで2年余りとなり、事業者の皆様から、第2計画期間の準備のため削減義務率など第2計画期間での取組に必要な事項の早期提示を求める御意見をいただいております。このため、都では、削減義務率等の決定に向け、検討を行ってまいりました。
  このたび、広く都民・事業者の皆様から御意見を伺うため、「都民の健康と安全を確保する環境に関する条例に基づく温室効果ガス総量削減義務と排出量取引制度の第2計画期間の削減義務率等」を公表し、平成25年3月1日(金)から3月21日(木)までの間、パブリックコメントを実施いたします。

※パブリックコメントは終了いたしました。

メールマガジンはこちら

お問い合せ東京都環境局個人情報保護基本方針サイトポリシーリンク集

東京都|東京都のホームページへ

東京都の地球温暖化対策

地球温暖化防止キャンペーン

クール・ネット東京