自転車シェアリング

自転車シェアリングとは

一定の地域内に複数配置されたサイクルポートにおいて自由に貸出・返却できる貸し自転車で、借りたサイクルポートとは異なるサイクルポートに返却することができます。
都は、自転車シェアリング(コミュニティサイクル)事業を実施する区とともに、区境を越えて自転車の相互利用ができる「広域相互利用」に取り組んでいます。
 ※サイクルポート : 歩道上等に設置された自転車の貸出・返却を行う無人の駐輪施設

シェアリングのイメージ

自転車シェアリングの安全で快適な利用案内」について

自転車シェアリングを安全に利用していただくために、「自転車シェアリングの安全で快適な利用案内」を作成しました。
詳細はこちらをご覧ください。

自転車シェアリング「広域相互利用」について 

平成28年2月から、千代田区千代田区・中央区・港区・江東区の4区で区境を越えて相互乗入ができる「広域相互利用」を実施してきましたが、現在、新宿区、文京区・渋谷区が加わり、利用できるエリアが7区に拡大しました。7つの区内、合わせて300か所以上のサイクルポートのどこでも自転車の貸出・返却ができます。

利用方法は、自転車シェアリング広域実験のWEBサイトをご覧ください。
(お問い合わせ)自転車シェアリング運営事務局 電話0120-116-819

自転車シェアリング「広域相互利用」の参加自治体

都は、各区の自転車シェアリング(コミュニティサイクル)事業の取組を支援しています。
東京都区市町村との連携による地域環境力活性化事業

江東区臨海部コミュニティサイクル実証実験(H24.11~)
千代田区コミュニティサイクル実証実験(H26.10~)
港区自転車シェアリング実証実験(H26.10~)

中央区コミュニティサイクル実証実験(H27.10~)
新宿区自転車シェアリング実証実験(H28.10~)
文京区自転車シェアリング実証実験(H29.1~)
○渋谷区コミュニティサイクル実証実験  (H29.10~)

また、平成29年10月から、オフィス街等でのランチやカフェめぐり、お買い物など、自転車シェアリングの多様な利用方法をPRする、「TOKYO TEAM LUNCHARI」特設サイトを設けました(平成30年3月末まで)。

luncharilogo.png

「TOKYO TEAM LUNCHARI」特設サイトは、上のロゴをクリックするとご覧いただけます。

その他の自転車活用事例

品川区シェアサイクル事業
品川区では、平成29年10月18日(水曜日)より、「品川区シェアサイクル事業(社会実験)」を開始しました。自分の思いのままにまちの魅力を発見すること、観光スポットへのアクセス性、東京オリンピック・パラリンピックのための新たな交通手段です。 区内のどこのサイクルポート(貸出・返却拠点)でも自転車を借りたり返したりできますので、気軽にご利用ください。

大田区コミュニティサイクル実証実験
大田区では、平成29年3月25日(土曜日)から「大田区コミュニティサイクル事業」の試行を開始しました。試行により、区民及び 来訪者の利用状況、サイクルポート(駐輪施設)の適正配置、事業の効果等の検証を行い、大田区コミュニティサイクル事業の導入検討を進めます。
※現在は、大田区内でのみ自転車を借りたり、返却したりすることができます。

世田谷区レンタサイクル「がやリン」
世田谷区では、区内6駅7か所にレンタサイクルポートがあります。このうち4か所のポート(桜上水南・経堂駅前・桜新町・等々力)では、どこでも借りられどこへでも返却ができるコミュニティサイクルシステム(愛称「がやリン」)を導入しています。
例えば桜上水で借りて、桜新町で返却ということも可能です。

練馬区シェアサイクル事業
練馬区は、ほぼ平坦な地形であり、自転車利用に適していることから、区内での利用動向や費用対効果を検証するため、平成29年10月1日(日曜)午前8時から電動アシスト付き自転車を使用したシェアサイクル事業の社会実験を行っています。

足立区コミュニティサイクル「あだちゃり」
足立区は、区内3か所で相互乗り入れ可能なコミュニティサイクルを実施しています。

江戸川区レンタサイクル「eサイクル」
江戸川区では、区内の11駅で駐輪場を拠点にしたレンタサイクルを実施しています。

他都市の事例の紹介(全国コミュニティサイクル担当者会議)
<国土交通省>

自転車安全利用五則

自転車を利用するときは、ルール・マナーを守って安全に利用しましょう。

自転車安全利用五則(警視庁)

1 自転車は、車道が原則、歩道は例外
2 車道は左側を通行
3 歩道は歩行者優先で、自転車は車道寄りを徐行
4 安全ルールを守る
 ・飲酒運転・二人乗り・並進の禁止
 ・夜間はライトを点灯
 ・交差点での信号順守と一時停止・安全確認
5 安全のためにヘルメットを着用しましょう

メールマガジンはこちら

お問い合せ東京都環境局個人情報保護基本方針サイトポリシーリンク集

東京都|東京都のホームページへ

東京都の地球温暖化対策

地球温暖化防止キャンペーン

クール・ネット東京