このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

第二世代バイオディーゼル・ハイブリッドバス運行開始式典

ページ番号:754-310-625

更新日:2018年2月9日

(2007年10月10日 東京都庁にて)
【参考資料】
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。式典次第(PDF:115KB)
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。9月21日報道発表資料「第二世代バイオディーゼル・ハイブリッドバスの運行開始について」(PDF:242KB)
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。第二世代バイオディーゼル燃料及びハイブリッドに関するパネル説明資料(PDF:627KB)

東京都、新日本石油(株)、トヨタ自動車(株)及び日野自動車(株)は、本年2月から、水素化処理技術による第二世代バイオディーゼル燃料(BHD)の実用化に向けた検討を行ってきました。
この日10月10日には、都庁第一本庁舎二階正面玄関口にて、この新バイオ燃料BHDを使用した最新型ハイブリッドバスによる都営バスの運行開始式典が執り行われました。
第二世代バイオディーゼル燃料を使用したハイブリッドバスでの営業運行は世界で初めてとなります。


まずは、東京都を代表して石原知事から挨拶がありました。

  • 今日、10月10日は、東京オリンピックのオープニングデーです。これをきっかけに、日本は高度成長期に入り、今日の国家社会をつくってきました。
  • 東京は、2016年のオリンピック開催地に名乗りを上げたが、開催地選定には、環境が大きなファクターとなっています。
  • 地球温暖化という問題に、ちりも積もれば山となる心がけで、具体的に積み上げていく努力をしないと、地球そのものがあやうくなります。
  • その点で今回の取組は、象徴的な画期的な試みであり、こうした試みが日本全体に広まっていくことを期待しています。
  • こうした積み重ねで、我々の子孫のために地球を守りぬくことができるのではないかと思っています。


続いて、新日本石油(株)を代表して渡会長から挨拶がありました。

  • 第二世代バイオディーゼル燃料「BHD」は、トヨタ自動車殿と共同で開発を進めてきました。
  • 従来のバイオディーゼル燃料は酸化により劣化しやすかったが、この水素化処理技術を用いて製造したBHDは、従来の軽油と全く同じように扱うことができるすばらしい性状ができあがりました。
  • 日本の先端的な燃料技術と車両技術、また、東京都と三位一体でできあがった快挙の技術といえます。
  • バイオディーゼル燃料の本格的な普及の際には、環境問題に大きく貢献するものと確信しています。


続いて、日野自動車(株)を代表して蛇川会長から挨拶がありました。

  • 今回のバスは、今年7月に売り出したばかりの第四世代目にあたる最新型ディーゼル・電気ハイブリッドバスです。
  • 特徴は、メンテナンスフリーで新長期排出ガス規制値だけでなく平成27年の燃費基準に適合しています。
  • それにBHDを使用することにより、さらに大きなCO2削減効果が期待いただけます。
  • 東京都の進めるカーボンマイナス東京10年プロジェクトや2016年のオリンピック招致活動にも環境にやさしいバスとして、お役に立てると確信しています。


続いて、トヨタ自動車(株)を代表して張会長から挨拶がありました。

  • トヨタ自動車の今回の取組との関係については、燃料について新日本石油さんと共同で開発し、車両について日野自動車さんが我が社のハイブリッド技術を応用していただいたものであります。
  • 自動車業界では、今日の地球温暖化問題に対する関心の高まりの中で、世界中で環境技術の大変な競争が進められています。
  • 東京都が今回の成果をすぐにお使いいただくことにより、技術人は勇気付けられ、東京都がこういう技術を使用して、問題があれば指摘し、それをさらに改善をする、こういうサイクルが進むことが重要です。

東京都議会の正副議長を加えて、出席者全員でテープカット




ナレーションは、本プロジェクトの紹介。

出席者は、陳列台でBHDや原料油脂等の観察

陳列台左から

  • BHD
    ⇒無色透明の液体。
  • パーム油、菜種油、大豆油
    ⇒BHDの原料。将来的には廃食用油も可能性あり。
  • 軽油
    ⇒やや黄色かかっている。

植物由来であるBHDは、軽油特有の鼻を突くような臭いはしない。


バスを背景に全員で記念撮影


バスに試乗して式典は終了。
式典当日から翌年3月までの半年間、渋谷駅-新橋駅間で都営バスによる営業運行が行われます。

また、BHDを使用したこのバスは、今年の東京モーターショーにも出展いたします。このバスに試乗できる一般公開日は、10月27日から11月3日までの8日間です。

是非、この機会に、できるだけ多くの方々に、この世界最先端の新しい技術を体感していただければと思います。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は地球環境エネルギー部 計画課です。


本文ここまで
サブナビゲーションここから

第二世代バイオディーゼル燃料実用化共同プロジェクト

  • 第二世代バイオディーゼル・ハイブリッドバス運行開始式典
サブナビゲーションここまで


ピックアップ情報 Pick up!

ピックアップ情報

以下フッターです。