このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

コージェネレーションシステムの導入事例の御紹介

ページ番号:844-874-607

更新日:2018年7月30日

環境局では、省エネルギーの推進・再生可能エネルギーの導入や水素エネルギーの活用により、低炭素・快適性・防災力を備えた「スマートエネルギー都市」を実現すべく、「コージェネレーションシステム(CGS)の導入」にあたっての支援事業を実施しています。

CGSは、発電とともに発生した熱を冷暖房や給湯などに有効利用することで、従来のエネルギーシステムと比較し、より高いエネルギー効率を達成するシステムです。また、自立分散型電源であることから、災害時の事業継続など防災力の向上に寄与します。

引き続き多くの企業でCGSの導入を御検討いただきたく、支援事業で助成を行い運用が始まったCGSの導入事例を御紹介します。
※本事業では、CGSの運転開始年度の翌年度から2年間、実績報告の提出を求めています。

実績報告2年目の事業者様
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。渋谷マークシティ さま(PDF:515KB)
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。東京日本橋タワー さま(PDF:520KB)
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。アロマスクエアビル内地域冷暖房事業者 さま(PDF:532KB)
実績報告1年目の事業者様
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。大手町フィナンシャルシティグランキューブ さま(PDF:469KB)
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。東京ガーデンテラス紀尾井町 さま(PDF:549KB)

運用が始まったCGSはありません。


支援事業①(募集は終了しています)

オフィスビル等事業所の創エネ・エネルギーマネジメント促進補助事業

(詳細HPは外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。こちら (外部サイト)

CGSを設置する事業者に対し、その経費の一部を助成(募集終了)。

  • 事業期間 平成25~31年度(募集期間:平成25~26年度)
  • 助成率 CGS設置に要する経費の2分の1以内(上限3億円)
  • 助成実績 採択件数:13件
    助成予定総額30億円(1件当たり平均2.3億円)
    発電総出力 :5.7万kW(1件当たり平均0.4万kW)

支援事業②(募集中!)

スマートエネルギーエリア形成事業

(詳細HPは外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。こちら (外部サイト)

CSG及び熱電融通インフラを設置する事業者に対し、その経費の一部を助成

  • 事業期間 平成27~33年度(募集期間:平成27~31年度)
  • 助成率 面的融通モデル(熱電融通インフラを整備)
  • 熱電融通インフラ 2分の1以内(上限1億円)
  • CGS設置 2分の1以内(上限4億円)
    ビル単体モデル(熱電融通インフラを整備しない)
  • CGS設置 4分の1以内(上限1億円)
  • 助成実績 採択件数:12件(面的融通モデル9件。うち電力インフラのみ1件。単体モデル3件)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は地球環境エネルギー部 次世代エネルギー推進課です。


本文ここまで

ピックアップ情報 Pick up!

ピックアップ情報

以下フッターです。