トップページ > よくあるご質問 > アイドリング

アイドリング

2003/11/20 更新

自動車のアイドリング禁止を法制化してください。
東京都では、平成13年4月から施行した「都民の健康と安全を確保する環境に関する条例」で、”アイドリング・ストップ”の遵守という項目を新たに設けました。主な内容は、都内(島しょを含む)で、
  ①自動車等を運転する者にアイドリング・ストップの遵守を義務づける。
  ②自動車等を使用する事業者は、使用台数に関係なく運転者にアイドリング・ストップを励行するよう研修などを行う。
  ③ 20台以上収容できる駐車場の設置者及び管理者は、看板等の掲示により、アイドリング・ストップの周知を行う。
というものです。

自動車公害対策部
規制課
03-5388-3528

都営バス、タクシー、公用車は乗降時以外でもエンジンのかけっぱなしが目立つが、アイドリング・ストップの例外なのですか。
「都民の健康と安全を確保する環境に関する条例」では、全ての自動車がアイドリング・ストップの義務の対象となります。
しかし、
  ①信号待ち、交通渋滞
  ②人の乗降
  ③冷凍車・医療用車・清掃車などの動力としてエンジンを使用する場合
  ④緊急自動車が用務のために使用している場合などについては、義務の対象から除外されます。
東京都では、「都民の健康と安全を確保する環境に関する条例」に基づき設置された「自動車公害監察員(自動車Gメン)」が路上でのアイドリング・ストップ指導や各事業者への協力を求める活動を行っています。

自動車公害対策部
規制課
03-5388-3528

メールマガジンはこちら

お問い合せ東京都環境局個人情報保護基本方針サイトポリシーリンク集

東京都|東京都のホームページへ

東京都議会

東京都環境公社

東京都長期ビジョン

九都県市首脳会議環境問題対策委員会