このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

処分場のあちこちに立っている鉄パイプは、何のためにあるのですか。

ページ番号:754-671-081

更新日:2018年2月9日

埋立処分場では、埋め立てられた生ごみ等が腐敗する過程でメタンを含むガス(ランドフィルガス)が発生します。メタンは引火すれば火災を起こす危険があります。そのため、穴のあいた鋼製のパイプを約60m間隔に打ち込んで、発生ガスを大気中に放散しています。発生ガスを放散することで、埋立地等の安定化も促進しています。

お問い合わせ

このページの担当は資源循環推進部 廃棄物埋立管理事務所です。


本文ここまで

ピックアップ情報 Pick up!

ピックアップ情報

以下フッターです。