交通量対策

2003/11/20 更新

ロードプライシングは、いつから実施するのですか。ロードプライシングについて、都民の意見を聴いていますが、どのように活用されるのですか。
東京都では、平成13年6月27日、「東京都ロードプライシング検討委員会」から報告書の提出を受け、現在、その内容について都民や事業者の皆さんからご意見をいただいています。今後はこれらのご意見も踏まえて、今後、東京都の実施案を検討していきます。なお、『TDM東京行動プラン』では、「平成15年(2003年)度以降の早期導入をめざす」としています。

地球環境エネルギー部 環境都市づくり課 地域環境交通係
03-5388-3525

環状道路や迂回路の整備をしてくれれば、車で都心に入らなくても済みます。ロードプライシングの導入よりそちらの整備の方が先ではないですか。
東京の都市機能の回復や都民の健康を確保するために、渋滞緩和や大気環境の改善をすることが大きな課題となっております。このために、ご指摘のような道路整備と併せて、交通量を抑制するロードプライシングなどの取組が必要であると考えています。

地球環境エネルギー部 環境都市づくり課 地域環境交通係
03-5388-3525

ロードプライシングで対象区域の境界線を越える度に課金されるとなると、境界線の近くの住民や事業者への負担が大きすぎます。何らかの優遇措置はありますか。
境界線の近くの住民や事業者の方々への課金については、都民や事業者の皆さんからいただいたご意見も参考に、今後、検討を進めていく予定です。

地球環境エネルギー部 環境都市づくり課 地域環境交通係
03-5388-3525

メールマガジンはこちら

お問い合せ東京都環境局個人情報保護基本方針サイトポリシーリンク集

東京都|東京都のホームページへ

東京都議会

東京都環境公社

東京都長期ビジョン

九都県市首脳会議環境問題対策委員会