野生鳥獣の捕獲について

都庁舎の改修工事に伴い、平成28年7月25日(月曜日)から都庁第二本庁舎9階の窓口は、同22階中央へ移転しました。
ご来庁の際は、お間違えのないようお気を付け下さい。

鳥獣保護管理法について

正式名称は「鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律」といい、鳥獣保護管理事業計画、鳥獣の捕獲等の規制、鳥獣等の飼養・販売等の規制、鳥獣保護区、狩猟免許・登録などに関する制度、その他(雑則・罰則)について定められています。

鳥獣保護管理法による捕獲の禁止と許可

鳥獣保護管理法により、全ての野生鳥獣(鳥獣保護管理法の対象にならないネズミ類及び海棲ほ乳類を除く)は捕獲(損傷や卵の採取を含む)することができません。 ただし、以下の場合を除きます。
◎狩猟制度に基づき、狩猟鳥獣を捕獲する場合
◎学術研究の目的などで、法による許可を受けた場合

有害鳥獣捕獲の基本的考え方

有害鳥獣の捕獲は、鳥獣による生活環境、農林水産業又は生態系に係わる被害が、現に生じているか又はそのおそれのある場合に、その防止及び軽減を図るために行うものとします。
また、捕獲は、原則として被害防除対策によっても被害等が防止できないと認められるときに行うものとします。

有害鳥獣捕獲の申請方法

有害鳥獣捕獲の申請をする場合は、次の書類を下記の申請窓口まで提出してください。
平成28年7月1日から、環境局自然環境部計画課及び多摩環境事務所自然環境課で鳥獣捕獲申請を受理したときは、受理証を発行します。
許可証は受理証と引換えに交付しますので、許可証をお受け取りの際は、必ず受理証をご持参ください。

ア 鳥獣捕獲許可等申請書 - 第1号様式
 WORD版 / PDF版 ・ 記入例
・申請者が国、地方公共団体、認定鳥獣捕獲等事業者、農業協同組合、森林組合又は漁業協同組合等であって、「コ」の従事者証交付申請書を提出する場合は、裏面の記入は不要です。

イ 捕獲等又は採取等をしようとする事由を証する書類(理由書)
 作成例
・捕獲等又は採取等をする必要性を説明してください。

ウ 捕獲等又は採取等をしようとする場所を場所を明らかにした図面
・個人宅、オフィスビル、寺社などの特定の場所において捕獲等又は採取等する場合は、位置図や詳細図等を添付し、当該の場所を着色する等して下さい。
・区内の全ての区立公園や区道全て、区立の小中学校などを対象とする場合は、図面上の当該箇所を全て着色する等して示してください。なお、図面上で当該箇所の住所確認が難しい場合等は、対象すべての施設名と所在地の一覧表も添付してください。
・各区市町村の行政区域の全域(不特定の場所)を対象とする場合は、添付は不要です。

エ 捕獲等の方法を明らかにした図面
・猟具の大きさが分かるよう、写真にスケールを写し込むか、縦、横、奥行きの寸法を記載してください。
・銃器又は手捕りによる捕獲等又は採取等する場合は、添付は不要です。

オ 被害状況写真
・個人宅、オフィスビル、寺社などの特定の場所において捕獲等又は採取等する場合は、添付して下さい。

カ 被害防除対策状況写真(又は図面)
・必要に応じて添付してください。

キ 狩猟免状の写し
・狩猟免状を要する申請の場合、狩猟免状を受けている全員のうち、東京都外に居住している方について添付してください。

ク 有害鳥獣捕獲依頼書
 WORD版 / PDF版 ・ 記入例
・現に被害等を受けている方以外が申請する場合は、添付が必要です。
・被依頼者は、「ア」の申請者と合わせてください。

ケ その他必要と認められる図書
・必要に応じて添付してください。

コ 従事者証交付申請書 - 第2号様式
 WORD版 / PDF版  ・  記入例
・従事者証の交付は、「ア」の申請者が国、地方公共団体、認定鳥獣捕獲等事業者、農業協同組合、森林組合又は漁業協同組合等の場合に限って申請できます。

学術研究目的等の捕獲の申請方法

(学術研究目的の場合)
次の書類を下記の申請窓口まで提出してください。
平成28年7月1日から、環境局自然環境部計画課及び多摩環境事務所自然環境課で鳥獣捕獲申請を受理したときは、受理証を発行します。
許可証は受理証と引換えに交付しますので、許可証をお受け取りの際は、必ず受理証をご持参ください。

ア 鳥獣捕獲許可等申請書 - 第1号様式
 WORD版 / PDF版 ・ 記入例

イ 捕獲等又は採取等をしようとする事由を証する書類(理由書)
・捕獲等又は採取等をする必要性を説明してください。

ウ 捕獲等又は採取等をしようとする場所を場所を明らかにした図面
・位置図や詳細図等を添付し、当該の場所を着色する等して下さい。

エ 捕獲等の方法を明らかにした図面
・猟具の大きさが分かるよう、写真にスケールを写し込むか、縦、横、奥行きの寸法を記載してください。
・銃器又は手捕りによる捕獲等又は採取等する場合は、添付は不要です。

オ 狩猟免状の写し
・狩猟免状を要する申請の場合、狩猟免状を受けている全員のうち、東京都外に居住している方について添付してください。

カ 鳥獣捕獲依頼書
 WORD版 / PDF版
・申請者が他の方から依頼を受けて捕獲等又は採取等を行う方である場合に、添付してください。

キ その他必要と認められる図書
・学術研究を目的とすることを証する図書、研究計画書、過去に発表した関係論文等

捕獲実施の注意点

捕獲の実施に際しては、捕獲の許可時に発行する許可証または従事者証を携帯し、注意事項を遵守して実施してください。
また、許可証及び従事者証は、その効力を失った日から30日以内に、許可申請をした窓口まで返納するとともに、捕獲の報告をして頂きます。

野生鳥獣の違法な捕獲・飼養は罰せられます!

野生鳥獣を許可なく捕まえたり、飼うことはできません。違法に捕獲した鳥を売ることや飼うことも禁止です。許可なく捕獲した場合は、法により罰せられます(1年以下の懲役又は100万円以下の罰金)。
なお、違法に野鳥を捕まえたり、飼っているのを見かけた場合は、速やかに警察へ連絡してください。

-申請窓口-

■環境局自然環境部計画課鳥獣保護管理担当 (23区)
03-5321-1111 (内線)42-661,662.663

■多摩環境事務所自然環境課鳥獣保護管理担当 (多摩地区)
042-521-2948

メールマガジンはこちら

お問い合せ東京都環境局個人情報保護基本方針サイトポリシーリンク集

東京都|東京都のホームページへ

花と緑の東京募金

ECO-TOPプログラム