このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

野鳥の巣箱コンクール

ページ番号:483-346-200

更新日:2019年12月3日

野鳥の巣箱コンクールについて

巣箱コンクールの趣旨

自然が少ないと言われる東京都にも、たくさんの野鳥が暮らしています。身近な自然の中で、野鳥との触れ合いを深め、自然の仕組みを知る環境学習のきっかけとして、この巣箱コンクールへの参加はいかがでしょうか?
未来を担う子供たちが、巣箱作りを通してもの作りの面白さを感じ、豊かな感性や創造力を育むことを期待します。そして、地域の自然とその恵みを大切に思う心を養い、命の大切さを学ぶことを期待します。

野鳥の巣箱コンクール作品展(終了)

作品展では、コンクールに応募があった全ての作品を展示するほか、お子様向けに工作教室などを実施します。
日時 終了しました
会場 モリパークアウトドアヴィレッジ屋内展示場(所在地:東京都昭島市田中町610-4)
入場料 なし(車でお越しの際は、駐車料金がかかります。)

野鳥の巣箱コンクール受賞作品展(終了)

受賞作品展は、コンクールに応募があった作品の中から、受賞作品を展示します。
開催期間 終了しました
会場 井の頭自然文化園内 野鳥の森(所在地 東京都武蔵野市御殿山1-17-6)
入園時間 午前9時30分から午後4時まで(閉園は午後5時)
(休園日、開園時間は、井の頭自然文化園に準じます。)
入園料 一般400円、中学生150円、65歳以上200円

  • 小学生以下、都内在住在学の中学生は無料
  • 65歳以上の方は、年齢の証明となるものをご呈示ください。
  • 中学生は、生徒手帳をご呈示ください。

なお、専用駐車場はありません。 

第49回野鳥の巣箱コンクール作品募集について(終了)

東京都多摩環境事務所では、鳥獣の保護思想についての普及啓発を図ることを目的として、毎年、都内在学の小中学生を対象に「野鳥の巣箱コンクール」を実施しています。(今年度の募集は終了しました。)

募集する巣箱の種類

巣箱コンクールでは、野鳥の巣箱を募集の対象とします(参考資料参照)。また、ご希望があれば、鳥獣保護管理員が指導に伺いますので、別紙1を送付して下さい。
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。別紙1 鳥獣保護管理員の指導について(依頼)(ワード:32KB)

応募資格と対象

都内在学の小学校児童及び中学校生徒の作品とします。

巣箱の応募

  • 1人1作品(合作は不可)
  • 大きさ:おおむね50cm×50cm×50cmまで
  • ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。巣箱名札(エクセル:38KB)を作品に付けて下さい。
  • 応募は学校経由でお願いします。作品の中から、学校全体で10作品以内を出品して下さい。
  • 一度応募したことのある作品は、応募できません。

写真による応募(審査対象外)

  • 1作品につき写真1枚
  • 大きさ:カラー、Lサイズ(89ミリメートル×127ミリメートル)
  • ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。写真参加票(エクセル:33KB)(A4サイズ)に貼付してください。
  • 応募は、学校経由でお願いします。「学校全体で出品作品は10作品以内」の基準により出品することができなかった作品が対象となります。
  • 写真による応募については、応募数の制限はありません。

なお、応募に使用した写真は返却しません。

応募方法

1)学校単位で、応募先へ送っていただくか、持ち込んでください。持込みの際は、事前に応募先までご連絡ください。2)巣箱の応募は、学校全体で10作品以内としてください。3)巣箱の応募が学校全体で10作品以内であるため出品することができなかった作品は、写真での応募ができます。4)巣箱は、破損しないよう、段ボール箱等で必ず梱包してください。
5)巣箱には名札を付け、写真は参加票に貼付のうえ、応募一覧表を添付して応募してください。氏名は楷書で書き、ふりがなを付けてください。

作品の受付期間

終了しました。

審査及び入賞

審査

終了しました。

入賞

巣箱としての機能やデザインを審査し、優れた作品については、東京都知事の賞状等を贈呈します。
なお、応募者全員(入賞者を除く)に記念品(参加賞)を贈呈します。

その他

作品の引取りについては、次のいずれかの方法を応募時にご指定ください。引取りがない場合は、東京都で処分させていただきますので御注意ください。1)着払いで学校宛に郵送する。(ゆうパック利用)2)令和元年11月6日(水曜日)から令和元年11月8日(金曜日)までの期間に多摩環境事務所に引き取りに来る。
なお、受賞作品展に展示する作品の返却については、別途調整いたします。

同時募集:こども愛鳥作品の募集(終了)

野鳥の巣箱コンクール作品募集にあわせ、愛鳥作品も募集します。
詳細は、次の資料をご覧ください。(今年度の募集は終了しました。)

参考

東京都の以下の施設で、野鳥の巣箱を作ることができます。
詳細は、各施設のホームページをご参照ください。
・東京都檜原都民の森(外部サイト)
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。http://www.hinohara-mori.jp/content/event.html(外部サイト)
(巣箱の作成については、「イベント」ページ内の「ミニ木工教室」をご参照ください。)
・東京都立奥多摩湖畔公園山のふるさと村(外部サイト)
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。http://www.yamafuru.com/facility/craft/(外部サイト)
(巣箱の作成については、「クラフトセンター」ページ内の「木工教室」をご参照ください。)
なお、上記施設で巣箱を作成する場合は、各施設の定型の巣箱を作成していただくことになります。ご自宅に持ち帰った後、色付けや装飾等の工夫を楽しんでみてください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は自然環境部 計画課です。


本文ここまで

ピックアップ情報 Pick up!

ピックアップ情報

以下フッターです。