野鳥に関するQ&A

*鳥インフルエンザについて
鳥インフルエンザウイルスは、感染した鳥と濃密な接触等がある特殊な場合を除いて、通常では人には感染しないと考えられています。日常生活においては、手洗いやうがいをしていただければ、過度に心配する必要はありませんので、冷静な対応をお願いします。

Q1

都内に生息する野鳥から人に鳥インフルエンザが感染するおそれはありませんか。また、野鳥の糞を踏んでも問題ありませんか。

A1
鳥インフルエンザウイルスは、感染した鳥と濃密な接触等がある特殊な場合を除いて、通常では人には感染しないと考えられています。日常生活においては、手洗いやうがいをしていただければ、過度に心配する必要はありません。このため、野鳥の糞を踏んでも危険はないものと考えます。
不安な方は、糞を避けて歩いていただくか、踏んでしまった場合には靴底を水で洗い落とせば十分です。

Q2

野鳥が死んでいます。どうしたらいいですか。

A2
野鳥は、飼われている鳥と違って、エサが取れずに衰弱したり、わずかな環境の変化にも耐えられずに死んでしまうことがあります。また、野鳥は様々な細菌や寄生虫を持っていることもあります。野鳥が死んだ場合には、こうした細菌や寄生虫が人の体に感染することを防止することも重要です。
野鳥が死んでいるのを見つけた場合には、細菌や寄生虫に感染するおそれがありますので、死亡した野鳥を素手で触らないよう注意してビニール袋に入れて、きちんと封をして動物死体として処分することが可能です。
不安な場合もしくは野鳥が密集して死んでいる場合、同じ場所で連続して死んでいる場合には、都庁にご連絡ください。

Q3

弱った野鳥を発見・保護しました。どうしたらよいですか。

A3
野鳥はさまざまな原因で具合が悪くなったり、ケガをする場合があります。出血している、羽が折れている、うずくまって震えているなどの場合は保護・治療が必要になってきます。ただし、出血していてもすでに止まっている状態であったり、捕まえようとすると飛んで 逃げる場合は、保護の必要はないものと思われます。しばらく様子を見てください。
また、カラスとドバトについては、生息数が増えすぎており、糞による被害やカラスは繁殖期には人を威嚇したりする被害が発生しているため、一般の野鳥と同様に傷病鳥として行政が保護することは難しい状況にあります。そのまま様子を見守るか、素手で触らないよう注意してダンボールなどに入れ、河川敷や公園などの緑の多いところへそっと放してください。
なお、保護・治療が必要と思われる場合、不安な場合、もしくは弱った野鳥が集団で見られる場合には、都庁にご連絡ください。

Q4

庭にハトなどの野鳥がよく来るのですが、大丈夫ですか。

A4
鳥インフルエンザウイルスは多種の鳥に感染すると言われていますが、人への感染事例は、鳥インフルエンザに感染した鳥と近距離で濃密に接触した場合などに限られます。しかし、一般的には、野生動物にも様々な病気があり、その中には人に移る病気もあります。野鳥への過度な接触・給餌等は控え、糞尿には直接触れないようにすることが大切です。

Q5

畑にカラスの糞が落ちています。収穫された野菜を食べても問題ありませんか。

A5
鶏肉や鶏卵を食べたことによる鳥インフルエンザの人への感染は確認されておらず、病気の鳥と近距離で濃密に接した場合などに限られています。カラスの糞が落ちている畑で収穫された野菜についても、通常の洗浄等で十分であり、特別な処理をする必要はないと考えます。
なお、不安な方は、加熱(中心部が70℃に達する加熱)することをおすすめします。

Q6

家のベランダにハトが集まり、糞による被害がひどくて困っています。

A6
ハトなどの野鳥は様々な細菌や寄生虫を持っているおそれがありますので、使い捨てのビニール手袋やマスクを着用するなど、糞に直接触れないよう注意しながら清掃するのがよいでしょう。なお、清掃後不安な方は、逆性石鹸での消毒をおすすめします。
また、ハトがベランダに飛来しないようにするためには、ネットやテグスを張るのが効果的です。磁石やCDなど様々な防除グッズも売られています。

Q7

鳥のヒナを保護しました。どうしたらよいですか。

A7
巣立ち中または巣立ち直後のヒナはうまく飛べません。このため枝から枝へ移るときなどに、地面に下りたりしてしまうのです。親は落ちたヒナをすぐには見捨てることはせず、必ず近くで様子を見ています。そばに人間がいると親鳥が近づけず、ヒナを見捨ててしまう場合もありますので、そのまま少し遠くから様子を見てください。もし、道路上の危険な場所や、猫に襲われそうなところにいる場合などは、巣や近くの安全な木の枝等に移してあげてください。
なお、厳しい言い方ですが、ヒナが巣から落ちた時点で、自然界の生存競争の中で淘汰されたものと思ってください。卵からかえったヒナの全てが最後まで成長するとは限りません。病気やケガで死んでいくものや、他の鳥獣の餌になってしまうものもたくさんあります。
また、私たちはヒナに飛び方や、何が自分にとって危険なのかを教えることはできません。自然の中で自立していけるように育てることは、とても難しいことです。

Q8

街路樹等にカラスが巣を作ったらしく、その近くを通るとカラスに威嚇され怖い思いをしています。巣の撤去またはカラスを駆除することはできませんか。

A8
4月~7月位までの間は、カラスが繁殖期に入るため、どうしても攻撃的になり、子供を守るなどのために、威嚇をしてくることがよくあります。
自己防衛策としては、巣の近くを通行する場合、杖、傘などの棒状のものを手で持って頭上にあげてください(振り回す必要はありません)。また、傘を差して歩くのも、糞などから身を守る面でも効果があります。
カラスの巣については、まず、営巣された樹木等は誰が管理するものなのかを確認してください。そのうえで、管理者などに被害の状況を連絡し、道路(歩道)が安全に通行できない状況を理解してもらい、安全対策(巣の撤去等)を依頼してください。
なお、巣のみを撤去することについては特別な許可は必要ありませんが、カラスの卵またはヒナを含めた野生鳥獣は許可なく捕獲・処分することはできません。詳しくは、都庁にご連絡ください。

Q9

最近、家の近くの野鳥が減ったようですが、鳥インフルエンザの影響ではないですか。

A9
野鳥が減ったように感じたり、近くのねぐらから鳥がいなくなったからといって、直ちに鳥インフルエンザに感染したとは言えません。近くで野鳥の異常死や大量死などが確認されない限り、心配する必要はないでしょう。
なお、野鳥の異常死や大量死を確認した場合には、都庁の相談窓口にご連絡ください。

Q10

散歩中の犬が死んでいる野鳥をくわえてしまったのですが、犬に感染することはありませんか。

A10
鳥インフルエンザの犬への感染は確認されていませんので心配する必要はありません。なお、野犬から取り上げる際には、一般的な感染予防という点からも素手では触らないようにしてください。

Q11

公園や駅前でハトにエサを与える人がいます。鳥インフルエンザを拡大させることになりませんか。やめさせることはできませんか。

A11
鳥インフルエンザのハトへの感染は報告されておりませんので、直ちにハトが危険であると心配する必要はありません。なお、野鳥への過度なエサやりは好ましいものではありません。野生の生き物とは適切な距離を保って接するようにしてください。

相談窓口

野鳥に関するお問い合わせ  平日昼間(9時~17時)
区部では東京都環境局自然環境部計画課 03-5388-3505
多摩部では多摩環境事務所自然環境課  042-521-2948

メールマガジンはこちら

お問い合せ東京都環境局個人情報保護基本方針サイトポリシーリンク集

東京都|東京都のホームページへ

花と緑の東京募金

ECO-TOPプログラム