このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

特別保護地区における行為規制

ページ番号:891-108-783

更新日:2018年2月9日

鳥獣保護区及び特別保護地区

鳥獣保護区は、鳥獣の保護を図るため必要があると認められる区域に指定するもので、同特別保護地区は、鳥獣保護区の区域内で鳥獣の保護又はその生息地の保護を図るため特に必要があると認められる区域に指定するものです。
鳥獣保護区及び同特別保護地区の区域内では、下記のとおり行為が規制されています。
規制されている行為を行うには、あらかじめ許可を受けることが必要です。

区域行為の規制備考
鳥獣保護区・狩猟の禁止鳥獣保護管理法
第28条第1項
鳥獣保護区特別保護地区・狩猟の禁止
・建築物その他の工作物の新築、改築、増築
・水面の埋め立て、干拓
・木竹の伐採
鳥獣保護管理法
第29条第1項、第7項第1号から第3号まで

特別保護地区における行為の許可申請

許可申請に必要な申請図書は下記のとおりで、提出通数は2通です。

申請図書様式記載例
(1)特別保護地区内行為許可申請書(第11号様式)ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。WORD版 (ワード:36KB)
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。PDF版 (PDF:93KB)
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。記載例 (PDF:124KB)
(2)行為の場所を明らかにした5万分の1以上の地形図  
(3)行為の場所及びその付近の状況を明らかにした天然色写真その他の資料  
(4)行為の施行方法を明らかにした図面  
(5)その他知事が必要と認める図書  

申請図書の作成方法については、ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。こちら (PDF:135KB)をご覧ください。

申請書の提出先

*行為をしようとする場所が多摩地域の場合 
 東京都多摩環境事務所自然環境課(鳥獣保護管理担当)
 立川市錦町4丁目6番3号 東京都立川合同庁舎3階
 電話:042-521-2948

*行為をしようとする場所が島しょの場合
 管轄する東京都支庁産業課

完了の報告

許可を受けた行為が完了したら、完了届(ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。WORD版 (ワード:29KB)ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。PDF版 (PDF:57KB))及び完了状況写真を、行為を申請した窓口に提出してください。

国指定の鳥獣保護区特別保護地区について

国指定の鳥獣保護区特別保護地区については、東京都知事ではなく国の許可が必要になります。
国指定の鳥獣保護地区特別保護地区の規制内容、手続図書及び手続方法については、次の部署にお問い合わせください。

*国指定小笠原群島鳥獣保護区特別保護地区
 小笠原自然保護官事務所
 東京都小笠原村父島字西町(小笠原世界遺産センター内)
 電話:04998-2-7174

*その他の国指定鳥獣保護区特別保護地区
 環境省 関東地方環境事務所 野生生物課
 埼玉県さいたま市中央区新都心11番2号 明治安田生命さいたま新都心ビル18階
 電話:048-600-0817

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は自然環境部 計画課です。


本文ここまで

ピックアップ情報 Pick up!

ピックアップ情報

以下フッターです。