島しょにおけるエコツーリズムのしくみ

◆自然保護と観光利用の両立が目的です

将来にわたり継承すべき貴重な自然がある地域で、豊かな自然と触れ合える仕組みづくりに取り組み、その保護と適正な利用を図ることを目的としています。

東京都版エコツーリズムのしくみ
◆自然環境保全促進地域を指定します

(1)生物多様性、地形・地質、景観等の面で優れた地域であり、かつ、(2)人の過剰利用による影響を受ける恐れのある地域を、自然環境保全促進地域に指定します。


◆適正な利用のルールを設定します

自然環境保全促進地域の自然を壊さず楽しんでいただけるよう、適正な利用のルールを定めます。
ルールでは、(1)利用する区域や経路、(2)利用する時期や時間、(3)一日当たりの利用者数の上限、(4)一人のガイドが担当する利用者数などを設定します。
このルールは、自然環境保全促進地域で行うモニタリング調査結果等により、必要に応じて見直していきます。

◆東京都自然ガイドが同行します

自然環境保全促進地域を利用する際には、都認定の「東京都自然ガイド」が同行し、適正な利用などを指導します。
東京都自然ガイドは、地元住民を中心に都が養成し、認定します。その主な役割は、(1)利用者に対する自然の解説、(2)適正な利用のルールに基づく自然環境保全促進地域の利用の指導、(3)自然環境保全促進地域の自然環境モニタリング調査への協力などです。

メールマガジンはこちら

お問い合せ東京都環境局個人情報保護基本方針サイトポリシーリンク集

東京都|東京都のホームページへ

花と緑の東京募金

ECO-TOPプログラム