御蔵島のエコツーリズム

御蔵島は、竹芝桟橋から南へ約200キロ、三宅島の南18キロに位置しており、海上に突如浮かぶ森のような、お椀形の外観をしています。

海から望んだ御蔵島
崖線を落ちる滝 清涼で豊富な水に恵まれ、水の流れが崖線に幾つもの滝を作って海に流れ落ちる様を海上から見ることができます。 島の周辺には数十頭のイルカが生息しており、イルカウォッチングやスイミングを楽しむことができるので有名であると共に、陸域においても、貴重な自然が息づいています。
イルカ

古来の自然が息づく森には、シイなどの数々の巨樹と出会うことができ、そこはオオミズナギドリの世界一の営巣地ともなっています。
巨樹
ガクアジサイ

海抜の高低差が大きいため、一つの島内で幅広い植物相を持っており、また、島固有の希少な植物が生息する環境が現在まで守られています。

こうした貴重な環境を守りながら、多くの人に御蔵島の自然と触れ合ってもらうため、都は、御蔵島村と共に、 平成16年4月からエコツーリズムを開始しました。

御蔵島の情報はこちらをご覧ください(リンク)

御蔵島村役場 御蔵島観光協会

メールマガジンはこちら

お問い合せ東京都環境局個人情報保護基本方針サイトポリシーリンク集

東京都|東京都のホームページへ

花と緑の東京募金

ECO-TOPプログラム