花粉発生源対策

森林再生事業(間伐)実施後、数年経過した森林の枝打ちを行い、花粉の量を削減します

枝打ち事業の流れ

森林再生事業(間伐)

目的

・荒廃が進んでいる人工林に間伐を行い、下層植生を豊かにして森林の公益的機能の回復を図る。

・将来的には、針広混交林化を目指す。

対象地

手入れがされていない人工林

施業方法

本数の3割を間伐

◆枝打ち事業

目的

・森林再生事業(間伐)後に伸長した枝を落とし、雄花の量を減らす。

・ 結果的に、林内に光が入り針広混交林化が進む。

対象地 森林再生事業施行後、数年経過した森林
施業方法 枝下から一律4.0mを枝打ち

◆10年後の事業実施効果

《花粉の削減》

・多摩の森林からのスギ花粉の飛散を削減

《森林の公益的機能向上》

(針広混交林化の推進)

・水源かん養機能の向上

・生物多様性の回復

・森林景観の向上

・土砂流出防止機能の向上

《雇用の創出》

メールマガジンはこちら

お問い合せ東京都環境局個人情報保護基本方針サイトポリシーリンク集

東京都|東京都のホームページへ

花と緑の東京募金

ECO-TOPプログラム