トップページ > 緑の創出と自然環境の保全 > ニュースルーム > 野鳥の巣箱コンクールについて

野鳥の巣箱コンクール

野鳥の巣箱コンクールについて

○巣箱コンクールの趣旨

自然が少ないと言われる東京都にも、たくさんの野鳥が暮らしています。
身近な自然の中で、野鳥との触れ合いを深め、自然の仕組みを知る環境学習のきっかけとして、この巣箱コンクールへの参加はいかがでしょうか?
未来を担う子供たちが、巣箱作りを通してもの作りの面白さを感じ、豊かな感性や創造力を育むことを期待します。そして、地域の自然とその恵みを大切に思う心を養い、命の大切さを学ぶことを期待します。

野鳥の巣箱コンクール作品展

本作品展は、同コンクールに応募があった全ての作品を展示するほか、お子様向けに工作教室などの実施を予定しています。

(1)日時  平成29年11月3日(金曜日)から平成29年11月5日(日曜日)まで

午前10時から午後5時まで
*原則として、応募のあったすべての作品を展示します。

(2)会場 モリパーク アウトドアヴィレッジ (所在地:東京都昭島市田中町610-4)

*最終日、平成29年11月5日(日曜日)(11時より)に表彰式を行います。

(3)入場料 無料 (なお、車でお越しの方は、駐車料金がかかります。)

野鳥の巣箱コンクール受賞作品展

本受賞作品展は、同コンクールに応募があった作品の中から、受賞作品を展示します。

(1)日時  平成29年11月14日(火曜日)から26日(日曜日)まで

入園時間:午前9時30分~午後4時00分(閉園午後5時00分)
*休園日、開園時間については、井の頭自然文化園に準じます。

(2)会場  井の頭自然文化園内 「野鳥の森」(所在地:東京都武蔵野市御殿山1-17-6)

(3)入園料 一般400円、中学生150円、65歳以上200円
        *小学生以下、都内在住・在学の中学生は無料
        ・65歳以上の方は年齢の証明となるものをご呈示ください
        ・中学生は生徒手帳をご呈示ください
        ・専用駐車場はありません

第47回 野鳥の巣箱コンクール作品募集について(終了)

東京都多摩環境事務所では、鳥獣の保護思想についての普及啓発を図ることを目的として、毎年、都内在学の小中学生を対象に「野鳥の巣箱コンクール」を実施しました。

1 募集する巣箱の種類
巣箱コンクールでは、野鳥の巣箱を募集の対象とします(参考資料参照)。また、ご希望があれば、鳥獣保護管理員が指導に伺いますので、別紙1を送付して下さい。
別紙1(鳥獣保護管理員の指導について(依頼))
2 巣箱の応募(応募資格と対象)
・都内在学の小学校児童及び中学校生徒の作品とします。

(1) 1人1作品(合作は不可)
なお、応募は学校経由でお願いします。
※作品の中から、学校全体で10作品以内を出品して下さい。
(2) 大きさ おおむね50cm×50cm×50cmまで
名札を作品に付けてください。
3 写真による応募
2により応募のあった作品の中で、学校内10作品以内の基準により出品に至らなかったもの。

(1) 1作品につき写真1枚
なお、応募は、学校経由でお願いします。
(2) 大きさ カラー Lサイズ(89mm×127mm)
写真参加票(A4サイズ)に貼付してください。
(3) その他 応募に使用した写真は返却しません。
4 作品の受付期間
平成29年9月1日(金曜日)から平成29年9月7日(木曜日)まで
学校単位で、送っていただくか、下記応募先へ持ち込んでください。
 破損しないように段ボール箱で、必ず梱包してください。
 持ち込みの際は、あらかじめ下記応募先までご連絡ください。
 ・応募要項 / 参考資料 / よい巣箱の例
 ・巣箱名札及び記入例
 ・写真参加票及び記入例
5 審査及び入賞
(1) 審査(平成29年9月下旬予定)
(2) 入賞
巣箱としての機能やデザインを審査し、優れた作品については、東京都知事の賞状等を贈呈します。
なお、応募者全員(入賞者を除く)に記念品(参加賞)を贈呈します。
6 その他
(1) 応募に際しては、作品には名札(記入例参照)を付け、写真は参加票(記入例参照)に貼付のうえ、応募一覧表を添付してください。氏名は楷書で書き、振り仮名を付けて下さい。
(2) 作品の引取りについては、次のいずれかの方法を応募時にご指定ください。引取りがない場合は、東京都で処分させていただきますので御注意ください。
 ア 着払いで学校にて受け取る。(ゆうパック利用)
 イ 平成29年11月8日(水曜日)から10日(金曜日)までの期間に多摩環境事務所にて引き取る。
  *受賞作品展に展示する作品の返却については、別途調整いたします。

<参考>

東京都の以下の施設で、野鳥の巣箱を作ることができます。
詳細は、各施設のホームページをご参照ください。

・東京都檜原都民の森 (外部サイト)
http://www.hinohara-mori.jp/content/event.html
(巣箱の作成については、「イベント」ページ内の「ミニ木工教室」をご参照ください。)

・東京都立奥多摩湖畔公園山のふるさと村 (外部サイト)
http://www.yamafuru.com/facility/craft/
(巣箱の作成については、「クラフトセンター」ページ内の「木工教室」をご参照ください。)

なお、上記施設で巣箱を作成する場合は、各施設の定型の巣箱を作成していただくことになります。ご自宅に持ち帰った後、色付けや装飾等の工夫を楽しんでみてください。

(問合せ先)
東京都 多摩環境事務所 自然環境課 鳥獣保護管理担当
〒190-0022 立川市錦町四丁目6番3号 東京都立川合同庁舎3階
電話番号:042-521-2948
ファックス番号:042-522-9511

メールマガジンはこちら

お問い合せ東京都環境局個人情報保護基本方針サイトポリシーリンク集

東京都|東京都のホームページへ

花と緑の東京募金

ECO-TOPプログラム