清瀬の自然を守る会

活動紹介

活動日

毎月1回程度 土曜日または日曜日です。

活動場所

清瀬市内にある3か所の保全地域(清瀬松山緑地保全地域・清瀬中里緑地保全地域・清瀬御殿山緑地保全地域)です。

活動場所へのアクセスはこちら

登録者数

300名程度

主な活動内容

清瀬市内で活動している昭和51年に設立されたグループです。市内にある保全地域等の自然を守り、より豊かにするために管理作業や野草保護活動、自然観察会、学習会、さらには市内児童・生徒のためのサタデースクール等の活動を行っています。

(注)都の保全地域が指定される以前は、市有林などの管理作業等を行っていました。

管理作業・野草保護活動

保全地域内に生育している“カタクリ”などの野草類を保護し、生育を促すために雑木林の落葉掃きやササ刈り、常緑樹の伐採などを行っているほか、雑木林の萌芽更新の管理作業も行っています。

自然観察会

樹林地や草地、自然のしくみ、サイクル、動植物との関わり合いなどを観察すると同時に、市内の植物調査も行っています。

学習会

上記の活動に必要となる知識をもってもらうためにスライドを使った学習会や、また講演会も行っています。

サタデースクール

学校が休みになった土曜日に、市内児童とその父母を対象とした自然学習会を開き、次代を担う子供たちへの自然環境教育を行っています。

メールマガジンはこちら

お問い合せ東京都環境局個人情報保護基本方針サイトポリシーリンク集

東京都|東京都のホームページへ

花と緑の東京募金

ECO-TOPプログラム