このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

小峰ふれあい自然郷(小峰公園)

小峰ふれあい自然郷(小峰公園)は、都立秋川丘陵自然公園内にあります。この公園は、身近で豊かな自然と触れ合いながら、手軽にピクニックやハイキングを楽しめる野外レクリエーションの場として、整備されました。
公園は三本の尾根と二つの谷戸から成り、尾根のサクラ並木、雑木とヒノキの林や、谷戸の湿地や湧き水を利用した湿生植物園があります。ここでは、さまざまな野草や動物を観察できるので、ぜひ四季折々の自然の表情を感じてみてください。また、入口のビジターセンターでは、園内の自然を紹介した展示や、解説員の説明を受けながらのスライド観賞、野外で自然と触れ合う体験学習も楽しめます。

施設情報

  • 所在地
    あきる野市留原、高尾
  • 供用開始日
    平成2年7月1日
  • 供用面積
    108,420.40平方メートル

小峰ふれあい自然郷(小峰公園)マップ


アクセスマップ


小峰ふれあい自然郷(小峰公園)マップ

見どころ情報

小峰ふれあい自然郷(小峰公園)は、里山の風景を活かした公園です。四季折々の自然が身近に感じることができます。

 
樹木・紅葉 スギ、ヒノキ、コナラ、クヌギ
ウメ、桜(ヤマザクラ、ソメイヨシノ)、アヤメ、アジサイ ヤマユリ リンドウ セリバオウレン
生き物 オタマジャクシ      
イベント
  • 4、5月
    「米作り」田植え体験(年間通して行われる)
  • 7月
    「米作り」田んぼ草取り
  • 9月
    「米作り」案山子作り
  • 10月
    「米作り」稲刈り
  • 11月
    「米作り」収穫
  • 12月
    飯ごうすいさん
 

施設紹介

小峰ふれあい自然郷(小峰公園)は、里山の風景を残して整備された公園で、5つのフィールドに分かれています。身近に自然に触れ合うことができるレクリエーションの場として、また、園内にある田んぼを利用して、田植えから稲刈りまでの作業を体験できるイベントを行うなど、多くの都民に利用されています。

里山フィールド

スギやヒノキなどの美しい森林で、里山の姿を残しています。昔からの林業や山仕事を体験したり、森林の働きを知ったりすることができます。尾根の高台では遠くの平野部の景色を楽しめます。

オニヤンマフィールド

谷川の自然や水田・小川・湿地などの生き物たちの世界をのぞくことができます。ビジターセンターの解説員が観察の方法など教えてくれるので、ぜひ聞いてみましょう。


オニヤンマフィールド

桜の尾根フィールド

公園内を走る中央の尾根で、途中には神社もあります。昔から峠道として人々に親しまれてきました。春は桜の名所として知られており、明るい林には里山の野草が咲きそろいます。

ノウサギフィールド

遊具やミニアスレチックがあり、子供たちの楽しい遊び場となっています。

ホオジロフィールド

人工林に草地が点在し、多様な環境が見られます。メジロ・ウグイス・コゲラ・キジなどの野鳥や野草も多く、のんびり自然を楽しめます。

ビジターセンター


ビジターセンターの画像

  • 開館時間
    午前9時から午後4時30分まで
  • 休館日
    • 月曜日(ただし、月曜日が祝日または都民の日の場合は、その翌日)
    • 年末年始(12月29日から翌年1月3日まで)

※2019年のゴールデンウイーク期間にあたる4月27日(土曜日)~5月6 日(月曜日・振休)の間、4月30日(火曜日)は休館となりますので、
 お出かけの際はご注意くださいませ。なお、翌5月7日(火曜日)も休館となりますので、あらかじめご承知おきくださいませ。

  • 入館料
    無料
  • 交通のご案内
    JR青梅線「武蔵五日市」駅から徒歩約25分。または、バスに乗り「小峰公園」バス停で下車。
  • 駐車場
    30台

問い合わせ先

電話:042-595-0400

お問い合わせ

このページの担当は自然環境部 緑環境課 自然公園担当です。

自然ふれあい公園

本文ここまで
以下フッターです。