このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

奥多摩ビジターセンター

奥多摩に来たら、まずは立ち寄ってみませんか?
奥多摩ビジターセンターは、他のビジターセンターのように景勝地にあるのではなく、駅からすぐの市街地の中にあります。観光や登山に来た方は、ビジターセンターに寄って周辺の観光情報や自然についての知識を頭に入れてから、出かけてみましょう!

施設情報

  • 開館時間
    午前9時から午後4時30分
  • 休館日
    • 月曜日(ただし、月曜日が祝日または都民の日の場合は、その翌日)
    • 年末年始(12月29日から1月3日)

※2019年のゴールデンウイーク期間にあたる4月27日(土曜日)~5月6 日(月曜日・振休)の間、4月30日(火曜日)は休館となりますので、
 お出かけの際はご注意くださいませ。なお、翌5月7日(火曜日)も休館となりますので、あらかじめご承知おきくださいませ。

  • 入館料
    無料
  • 所在地
    〒198-0212 東京都西多摩郡奥多摩町氷川171-1
  • 交通
    JR「奥多摩」駅下車。徒歩2分。
  • 駐車場
    5台
  • その他
    東京都奥多摩自然公園管理センターと環境省奥多摩自然保護官事務所が併設されています。

館内・活動紹介

奥多摩ビジターセンターは、秩父多摩甲斐国立公園全体の情報、特に雲取山周辺の登山道や避難小屋などの山岳情報が充実していますので、登山を計画している方は是非ご利用ください。
奥多摩ビジターセンターでは、解説員が行う自然教室や、ボランティアが行う自然教室や専門的な自然講座を、年間を通して実施しています。展示物やパンフレットなども時期に合わせて変えており、いつ訪れても楽しむことができます。また、自然解説だけでなく、観光客をはじめとした利用者の緊急時(迷子、けがなど)の対応もしています。

館内紹介(一部)

  • 1階
    • インフォメーション
      解説員が登山道の状況や見どころを提供しています。また、周辺の自然情報地図の配布を行っています。
    • クラフトコーナー
      クラフトを簡単に作成できるように、木の輪切りやボンドが置いてあります。オリジナルのコースターなどを作って、ちょっとしたおみやげにしてみませんか?
    • レクチャールーム
      解説員が作成したスライドショーを随時放映しています。
  • 2階
    • 周辺地域の模型
      周辺の地形や鍾乳洞の断面を立体的に見ることができます。
    • パネル展示
      登山道に咲いている花や動物達の写真を解説員が季節にあわせて展示しています。
    • 書籍閲覧コーナー
      ふと見かけた動植物をすぐに調べたいときは、ここで調べることができます。


2階展示室

解説業務など

  • 公募行事
    自然観察や登山などの様々なイベントを実施しています。
  • 情報提供
    奥多摩の登山道の状況や登山ルート周辺の自然情報などを提供しています。また、利用者の力に合わせたコース選択や安全登山についてアドバイスを行っています。
  • 野外解説(ガイドウォーク)
    団体予約者を対象に、解説員が氷川渓谷や登計園地を歩きながら自然解説します。
  • スライド上映
    マルチスライドの上映や手作りのスライドを使った自然解説などを随時行っています。
  • 自然体験プログラムの指導
    学校や地域団体のリーダー達に、目的に合わせたプログラム作りの指導を行っています。
  • 調査・展示解説
    周辺の動植物の調査を行って、利用者に情報を提供しています。また、利用者からの登山情報も提供しています。

その他サービス

  • パンフレットなどの配布
    • 自然情報地図(英語版あり)
    • 関東ふれあいの道
    • 奥多摩の軽ハイキングコースマップ
  • 緊急時の対応
    • けが人や病人の救護、応急手当
    • 天候急変による避難

ボランティア

奥多摩ビジターセンターは、自然公園ボランティアの拠点としても利用されています。ボランティアは、自然公園の清掃、美化、自然教室などの企画運営を行っています。

問い合わせ先

電話:0428-83-2037

お問い合わせ

このページの担当は自然環境部 緑環境課 自然公園担当です。

本文ここまで
以下フッターです。