トップページ > その他について > 国際連携について

東京都・北京市大気保全ワークショップを開催しました

 東京都と友好都市である北京市は、平成21年に技術交流・技術協力に関わる合意書を締結し、廃棄物や大気汚染対策の分野で交流を進めてきました。

 ワークショップでは北京市環境保護局副局長をはじめとする6名の実務者を東京に迎え、大気保全にかかる政策情報交換と現場視察を行いました。

 

■開催日

平成25年10月30日(水)~11月1日(金)

 

■場所

30日:新宿・京王プラザホテル 

31日:東京都関係施設

 1日:民間施設

 

■内容

日時内容

10月30日(水)

  

○    東京都知事からのメッセージ

○    開会挨拶 

       長谷川明 東京都環境局長

       方力   北京市環境保護局副局長

○    基調講演

      ;「日本のPM2.5汚染の現状と対策」

      大原利眞 (独)国立環境研究センター長

○    セッション1「北京市の大気保全に向けた取組」 (北京市)

○    セッション2「東京都における大気汚染対策の歴史と今日の課題」

      (東京都)

○    セッション3「東京都のVOC対策」(東京都)

○    セッション4「東京都のディーゼル車規制」(東京都)

質疑応答  

○    ウェルカムレセプション

 10月31日(木)

○    視察(東京都関係施設)

 

     ・自動車燃料・排出ガス規制調査 (適合車両検査等)

     ・東京都環境科学研究所  (自動車排ガス試験等)

     ・一般環境大気測定局  (江東区大島測定局)

     ・大気監視システム  

11月1日(金)

○    視察(民間施設)

      ・製油所

      ・自動車工場

メールマガジンはこちら

お問い合せ東京都環境局個人情報保護基本方針サイトポリシーリンク集

東京都|東京都のホームページへ

東京都環境科学研究所

東京都の長期ビジョン

買うからはじめるエコキャンペーン

アジア大都市ネットワーク