選任等の手続

1 東京都公害防止管理者の設置
条例の東京都公害防止管理者は、「工場ごと」に設置しなければいけません。
したがって、同一企業の工場であっても、所在地が異なれば、それぞれの工場に東京都公害防止管理者を設置する必要があります。
また東京都公害防止管理者は、職務の性格上その工場に常駐していることが必要です。

2 選任及び届出

工場を設置している者は、東京都公害防止管理者を選任すべき事由が発生したときは、速やかに(※登録者の中から)選任し、届け出なければなりません。
  ※未登録の場合は、登録手続をしてから選任してください。
【登録できる方】
(1)東京都一種・二種公害防止管理者講習修了合格者 
(2)法律の公害防止管理者または公害防止主任管理者の資格取得者
(東京都一種公害防止管理者に登録)
「東京都公害防止管理者登録証交付申請書」様式はこちら Word

選任すべき事由とは?
(1)対象工場になったとき
(2)選任した者を解任したとき
(3)選任したものが死亡したとき
提出する書類は?
「東京都公害防止管理者選任・解任届出書」
(様式のダウンロードはこちら
PDF  Word
3 届出書の提出先及び届出部数
区市の環境主管課に、選任者の登録証写しを添付し2部提出(1部は届出者に返却)します。
※ 町村の方は、東京都多摩環境事務所環境改善課に提出してください。
※ 島しょの方は、東京都環境局環境改善部計画課公害防止管理者担当に
  提出してください。
※ 法律の公害防止管理者の届出先は、こちらをご覧ください。

メールマガジンはこちら

お問い合せ東京都環境局個人情報保護基本方針サイトポリシーリンク集

東京都|東京都のホームページへ

東京都環境科学研究所

東京都の長期ビジョン

買うからはじめるエコキャンペーン