対象工場等

公害防止管理者等には、「都民の健康と安全を確保する環境に関する条例」(略称:環境確保条例)に基づくものと、「特定工場における公害防止組織の整備に関する法律」(略称:管理者法)に基づくものの2つがあります。工場によっては、両方に該当することがあります。(法律の制度についてはこちら

東京都公害防止管理者の設置が義務付けられている工場は、
「条例別表第八の工場」 並びに 「発電施設、都市ガス製造施設、都市ごみ焼却施設及びパルプ製造施設を有する工場」です。
環境確保条例(105条)では、
「規則で定める規模以上の工場を設置している者は、公害防止管理者を選任し、作業の方法、施設の 維持等について当該工場から公害を発生させないよう監督を行わせなければならない」と定めています。
環境確保条例施行規則では、
  条例別表第八に掲げる工場のうち、その業種に応じて公害防止管理者の区分(一種・二種)を定めています。(規則別表第九)
条例別表第八
(一)   金属の精練又は無機化学工業品の製造の用に供する焙ばい燃炉、焼結炉若しくは煆焼炉で、原料の処理能力が一施設一時間当たり一トン以上のものを有する工場
(二)   金属の精製又は鋳造の用に供する溶解炉で羽口面断面積が〇・五平方メートル以上のもの又は液体燃料用バーナーの燃焼能力が一時間当たり五十リットル以上のものを有する工場
(三)   製鋼、合金鉄又は非鉄金属の製造の用に供する電気炉で変圧器の定格容量が千キロボルトアンペア以上のものを有する工場
(四)   動物質臓器を原料とする物品の製造を行う工場
(五)   動物質廃棄物の焼却作業を行う工場
(六)   レディミクストコンクリート又はアスファルトコンクリートの製造を行う工場
(七)  金属の厚板又は形鋼の工作で 原動機を使用するはつり作業、鋲びよう打ち作業又は孔あな埋め作業 を伴うものを行う工場
(八)   金属の鍛造で重量が〇・五トン以上の落下錘を使用するものを行う工場
(九)   無機化学工業品若しくは有機化学工業品の製造若しくは精製 又はこれらの工業品を用いる製造、加工若しくは作業を行う工場でアンモニア、塩化水素、塩素、窒素酸化物、二酸化いおう、硫酸(三酸化いおうを含む。)、 硫化水素、弗ふつ素化合物、臭素化合物、シアン化水素、塩化スルホン酸、クロム化合物、ホルムアルデヒド、アクロレイン、ホスゲン、ベンゼン、トルエン、アセトン、メタノール、トリクロロエチレン若しくはテトラクロロエチレンを発生させるもの


規則別表第九

工場の区分 公害防止管理者の区分
条例別表第八に掲げる工場のうち次の各号に掲げる業種に属するもの(従業員十人以上のものに限る。)並びに発電施設、都市ガス製造施設、都市ごみ焼却施設及びパルプ製造施設を有する工場
一 非鉄金属第一次精錬精製業
二 鉛再精錬又は亜鉛第二次精錬業
三 伸銅品又はメッキ鉄鋼線製造業
四 鋳鋼、銑鉄鋳物、可鍛鋳鉄若しくは非鉄金属鋳物製造業又は製鋼業
五 有機質飼料又は肥料製造業
六 建設機械又は鉱山機械製造業
七 運送用車両又は運送用車両部品製造業
八 鋼船製造又は修理業
九 トラクター製造業
十 亜鉛鉄板製造業
十一  石けん又は合成洗剤製造業
十二  合板製造又は薬品による木材処理業
十三  プラスチック、合成皮革、プラスチック床材、プラスチックフィルム
  又はプラスチック発泡製品製造業
十四  セメント製造業
十五  舗装材料製造業
十六  合金鉄又は電気炉銑製造業
十七  鍛工品製造業
十八  圧縮ガス又は液化ガス製造業
十九  界面活性剤製造業
二十  ソーダー製造業
二十一 メタン誘導品製造業
二十二 医薬品又は農薬製造業
二十三 産業用火薬類製造業
二十四 染料若しくはその中間物、顔料又は塗料製造業
二十五 表面処理鋼材製造業
二十六 コールタール製品製造、潤滑油及びグリス精製業

東京都一種公害防止管理者

  条例別表第八に掲げる工場で前項各号に規定するもの以外のもの 東京都一種公害防止管理者
又は
東京都二種公害防止管理者

メールマガジンはこちら

お問い合せ東京都環境局個人情報保護基本方針サイトポリシーリンク集

東京都|東京都のホームページへ

東京都環境科学研究所

東京都の長期ビジョン

買うからはじめるエコキャンペーン