トップページ > その他について > 公害関係 > 公害防止管理者 > 法律の公害防止管理者制度

法律の公害防止管理者制度

1 制度の概要

法律の公害防止管理者制度は、「特定工場における公害防止組織の整備に関する法律」 により定められています。
特定工場を設置している者に対し、公害防止統括者、公害防止管理者、公害防止主任管理者の選任を義務付けています。
法施行令では、公害防止主任管理者として1区分、公害防止管理者として12種類の資格を定めており、設置施設の区分に応じた資格者を選任しなければなりません。

2 特定工場
特定工場とは、以下の2つの要件を満たす工場です。

要件1 業種が右欄のいずれかに属している。 ・製造業
・電気供給業
・ガス供給業
・熱供給業
要件2 右欄の施設のいずれかが設置されている政令で定める工場 。 ・ばい煙発生施設
・汚水等排出施設
・騒音発生施設
・特定粉じん発生施設
・一般粉じん発生施設
・振動発生施設
・ダイオキシン類発生施設

環境省ホームページ「公害防止管理者 法令・告示・通達」へのリンク

3 公害防止管理者の資格
(1)公害防止主任管理者
  公害防止主任管理者1区分のみです。
(2)公害防止管理者
  次の12区分が定められています。

資格の区分

大気関係 第一種公害防止管理者
第二種公害防止管理者
第三種公害防止管理者
第四種公害防止管理者
水質関係 第一種公害防止管理者
第二種公害防止管理者
第三種公害防止管理者
第四種公害防止管理者
騒音・振動関係公害防止管理者
特定粉じん関係公害防止管理者
一般粉じん関係公害防止管理者
ダイオキシン類関係公害防止管理者

4 資格の取得方法
資格の取得方法は、2つあります。
(1)国家試験の受験
(2)法施行令に定められた資格を満たす者を対象に実施する講習の受講
※試験事務については、経済産業大臣及び環境大臣から指定を受けた「指定試験機関」
社団法人 産業環境管理協会)が実施しています。
http://www.jemai.or.jp/JEMAI_DYNAMIC/index.cfm

5 選任手続
法律の公害防止管理者等を選任したときは、特定工場を設置している者は、
都道府県知事に届け出なければなりません。

6 届出先
東京都の届出先は、原則として都知事になります。
(受付:環境局環境改善部計画課公害防止管理者担当)
ただし、次のような場合には届出先が異なります。
例外の対象工場(東京都の場合)届出先
騒音発生施設又は振動発生施設のみを設置している工場 区役所・市役所
八王子市内に設置している特定工場 八王子市
届出の際には、上記5に書かれている申請書(正・副の2部)に、公害防止管理者又は公害防止主任管理者(それぞれその代理者を含む)の選任の場合は資格を証明する証書(試験合格証書又は講習修了証書)の写しを添付してください。
承継届の場合は別途、様式及び添付書類がありますので、事前にお問合せください。(電話03-5388-3435)
届出の受付は、来庁だけでなく、郵送でも行っています。
ただし、郵送で提出した場合には、副本1部を簡易書留で返送するため、簡易書留送料分の切手を貼った返信用封筒を同封の上、次の宛先に郵送してください。

郵便番号163-8001 新宿区西新宿2-8-1 東京都環境局環境改善部計画課 公害防止管理者担当あて

メールマガジンはこちら

お問い合せ東京都環境局個人情報保護基本方針サイトポリシーリンク集

東京都|東京都のホームページへ

東京都環境科学研究所

東京都の長期ビジョン

買うからはじめるエコキャンペーン