トップページ > その他について > 原子力発電所事故由来放射性物質 > 放射線に関する考え方 > 国(文部科学省)示す周辺より毎時1マイクロシーベルト以上高い箇所

国(文部科学省)が示す周辺より毎時1マイクロシーベルト以上高い箇所

国(文部科学省)がガイドラインで示している周辺より毎時1マイクロシーベルト(μSv)以上高い箇所

局所的な汚染への対応に関する方針として、平成23年10月21日に文部科学省から「福島県以外の地域における周辺より放射線量の高い箇所への文部科学省の対応について」が報道発表されました。

 この中で、地表から1m高さの放射線量が周辺より毎時1マイクロシーベルト(μSv)以上高い箇所が発見された場合、文部科学省に連絡するとともに、比較的高い放射線量の原因となっているポイントが特定され可能な場合には簡易な除染等を実施することとされています。

高い線量率が予測されるポイントは、雨水が集まるところ及びその出口、植物及びその根元、雨水・泥・土がたまりやすいところ、微粒子が付着しやすい構造物などが考えられます。

 詳細はこちら

福島県以外の地域における周辺より放射線量の高い箇所への文部科学省の対応について(原子力規制委員会)

当面の福島県以外の地域における周辺より放射線量の高い箇所への対応方針(内閣府ほか)

放射性物質による局所的汚染箇所への対処ガイドライン(環境省)

メールマガジンはこちら

お問い合せ東京都環境局個人情報保護基本方針サイトポリシーリンク集

東京都|東京都のホームページへ

東京都環境科学研究所

東京都の長期ビジョン

買うからはじめるエコキャンペーン

アジア大都市ネットワーク