このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

現在のページ

本文ここから

「チームもったいない」

ページ番号:704-113-141

「チームもったいない」を創設しました!

チームもったいないとは?

東京を持続可能な都市として更に発展させていくためには、一人ひとりの行動が環境全体に大きな影響をもたらすことから、「個人」の行動変容を促すことが重要です。

「チームもったいない」は、幅広く様々な場面で一般消費者に対し、「もったいない」の意識を伝え、行動変容のきっかけをつくる活動に取り組む企業やNGO等にご参加いただき、食品ロスやレジ袋の削減、省エネなどの取組や行動を通じて、個人の消費行動の変容を促進することを目的とした緩やかな枠組みです。

チームもったいないの活動は、次の3つの分野に関して取り組みます。



チームもったいないでは、参加団体等の皆様が行った取組について、ホームページで随時紹介していきます。
≫取組紹介はダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。こちら(平成30年9月26日現在)(PDF:539KB)

※取組紹介の掲載を希望される方は、ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。こちらの様式(エクセル:12KB)をお使いいただき、ご提出ください。

ロゴマーク

チームもったいないに加入いただいた方は、ロゴマークを使用して、自らの取組をPRすることができます。


ロゴマーク

<ロゴマークに込めたメッセージ>
もったいないの概念の芽が芽生え、しっかりと根付いていくイメージを表現しています。
チームもったいないの活動が広がっていき、一人ひとりの中にもったいないの意識が芽生え、毎日の生活の中でちょっとした選択を工夫することで、環境に優しい行動をとることができるようになれば、持続可能な社会の実現につながっていくと考えております。


<ロゴマークの使用例>
以下のような場合に使用することができます。(あくまでも使用例ですので、これに限りません。)

・食品ロスの削減や省エネを推進するキャンペーン活動のポスターやチラシに使用

・スーパー等でレジ袋削減の啓発を行う際、のぼり旗や看板に使用

・企業等のホームページやSNS、ダイレクトメールに掲載 など


<使用上の注意事項>
以下の場合には、ロゴマークを使用することはできません。

・法令又は公序良俗に反するような方法で使用する場合

・都の信用を失墜し、又は品位を害するような方法で使用する場合

・第三者の利益を害するような方法で使用する場合

・特定の個人、団体、法人(都を除く。)若しくは商品等を支援若しくは推薦し、又はこれらを行うおそれがあるような方法で使用する場合

・個々の商品に表示して販売したり、ブランド名として使用する場合

・商品や技術等の品質を都が保証しているかのような誤解を招きやすい方法で使用する場合

・特定の政治的、宗教的又は思想的主張を表現したものに関する使用となる場合 など

※ 詳細は、ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。「チームもったいないロゴマーク使用規程」(PDF:224KB)及びダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。「チームもったいないロゴマーク使用マニュアル」(PDF:400KB)をご確認ください。

※ ロゴマークの使用に関しては、参加団体等の皆様の責任にてお取扱いください。
  なお、都は、ロゴマークの使用に伴って参加団体等に生じた損失又は損害について、
一切責任を負いかねます。

チームもったいないへの加入方法

活動に参加して、もったいないの精神を広めていきましょう!

<加入の要件等>
チームもったいないの活動に賛同し、「チームもったいない設置規程」に同意の上、取り組んでいただける方であれば、企業、自治体、研究機関、NGO等の団体、個人など、どなたでも加入することができます。

加入にあたっての主な要件は、次のとおりです。

・幅広く様々な場面で一般消費者に対し、「もったいない」の意識を伝え、行動変容のきっかけをつくる活動(Saving Food,Saving Materials,Saving Energy)を行うこと

・都内において上記活動を行うこと など

※ 詳細は、ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。「チームもったいない設置規程」(PDF:201KB)をご確認ください。

 

<申込み>
加入を希望される方は外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。こちら(外部サイト)から登録の手続きを行ってください。

お申込み前に必ずダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。「チームもったいない設置規程」(PDF:201KB)及びダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。「チームもったいないロゴマーク使用規程」(PDF:224KB)をお読みください。

※登録が完了した旨は、お申込み受付後、概ね1か月以内にお知らせいたします。

参加団体一覧

主な活動実績

平成30年8月1日に都庁第二本庁舎4階職員食堂で、キックオフイベントを開催しました!


チームの立ち上げに当たり、これまで都の事業等で関わりのある団体様にお声掛けを行い、ご賛同いただいた約30団体にご参加いただき、キックオフイベントを開催しました。

小池都知事からは、「大切な資源を有効に使っていくことは極めて重要」であるとの挨拶があり、続けて「チームもったいない」のロゴマークの発表を行いました。

また、先行プロジェクトとして、参加団体を代表し、グラウクス株式会社、東京ケータリング株式会社(都庁第二本庁舎4階職員食堂)、イオン株式会社、株式会社レオパレス21の4社に取組紹介をしていただきました。


まず、「Saving Food」の取組として、グラウクスからは、社会貢献型フードシェアリングプラットフォーム「KURADASHI.jp」を活用した取組や都とメーカー各社と定期的に食品ロス削減に向けた勉強会を開催するとの発表がありました。

※「KURADASHI.jp」の詳細は外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。こちら(外部サイト)


同じく「Saving Food」に取り組む、都庁第二本庁舎4階職員食堂を運営する東京ケータリング株式会社からは、職員食堂で規格外野菜を活用したメニューを定期的に提供する取組を通じて、職員や都民に食品ロスを身近に感じてもらうとの発表がありました。


イオン株式会社からは「Saving Materials」に関して、オフィスビル内のコンビニでビル・オーナーの協力を得てレジ袋削減にモデル的に取り組むなど、都のレジ袋対策に協力・連携していくとの発表がありました。


「Saving Energy」に取り組む、株式会社レオパレス21からは、ゼロエネルギーハウス(ZEH)仕様の管理物件の普及や食品ロス対策に因んだ入居者イベントの実施などの取組紹介がありました。

イベントの最後には、知事と参加者で、「もったいない」意識を高める取組と行動を通じて、持続可能な社会の実現を目指すことを宣言し、「チームもったいない」の発足となりました。

都庁総合ホームページの掲載記事は外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。こちら(外部サイト)

お問い合わせ先

環境局総務部環境政策課
電話 03-5388-3426

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ


本文ここまで

ピックアップ情報 Pick up!

ピックアップ情報

以下フッターです。