トップページ > 廃棄物と資源循環 > 産業廃棄物対策 > 都の埋立処分場への産業廃棄物の受入 > 産業廃棄物を都の埋立処分場へ搬入するには

産業廃棄物を都の埋立処分場へ搬入するには

(平成23年4月1日更新)

■目次

1 受入対象事業者
2 受入対象の産業廃棄物の種類及び処理手数料
3 受入基準
4 飛散性アスベストの受入
5 その他公共関与による産業廃棄物の受入
6 運搬方法
7 申請手続
8 埋立処分場での搬入受付時間

東京都では、最終処分場の確保が困難な中小企業者から排出される産業廃棄物を、一定の受入基準のもとに、都の埋立処分場で受け入れを行っています。
搬入に当たっては、あらかじめ都の承認を受けることが必要です。

1 受入対象事業者

(1)産業廃棄物を排出する事業場を都内に有する法人で下記のいずれかの要件を満たす者及び個人事業者の方。(業種は日本標準産業分類(総務省発行)に基づく。)

業種

規模

小売業

サービス業

卸売業

製造業・建設業他

資本金額又は出資総額

5,000万円以下

1億円以下

3億円以下

常時使用する従業員の数

50人以下

100人以下

100人以下

300人以下

(2)上記に規定する者から中間処理の委託を受け、かつ、都内に中間処理施設を有する産業廃棄物処分業者

2 受入対象の産業廃棄物の種類及び処理手数料

産業廃棄物の種類

処理手数料

汚泥、燃え殻、ばいじん、鉱さい

1㎏につき10円

金属くず、ガラスくず・コンクリートくず及び陶磁器くず、ゴムくずで中間処理済のもの

1㎏につき9円50銭

 処理手数料は、受付ゲートにおいて計量し、現金で徴収します。

3 受入基準

産業廃棄物の種類

受入基準

個別基準

共通基準

汚泥

無機性汚泥(建設汚泥を除く)に限る 含水率85%以下のもの
油分の含有率5%以下のもの

 

無害なものに限る

1 特別管理産業廃棄物でないこと(廃石綿等を除く。)。
2 次に掲げるものが付着し、又は封入されていないこと。
(1)毒物及び劇物取締法(昭和25年法律第303号) 第2条に規定する毒物、劇物及び特定毒物
(2)農薬取締法(昭和23年法律第82号)第1条の2に規定する農薬
(3)油分(汚泥は個別基準による。)
(4)著しい発色性又は発泡性を有するもの
3 各種類の産業廃棄物の混載をしていないこと。ただし、金属くず、ガラスくず、陶磁器くず及びゴムくずの相互間の混載を除く。
4 処分場の管理運営に支障がないものであること

燃え殻

熱しゃく減量10%以下のもの

ばいじん

(1)乾式 飛散防止措置を講じたもの(2)湿式 含水率85%以下のもの

鉱さい

中空の状態でなく、破砕処理し、10㎏以下かつ最大径30㎝以下のもの

金属くず

中空の状態でなく、破砕・切断等処理し、10㎏以下かつ最大径30㎝以下のもの

再生利用できないものに限る

ガラスくず、コンクリートくず及び陶磁器くず

ゴムくず(天然ゴム)

(1)破砕・切断等処理し、最大径   15㎝以下、中空の状態でないもの(2)溶融加工処理し、10㎏以下かつ最大径30㎝以下のもの

(注)
1  コンクリートくずとは、コンクリート製品の製造工程から発生するコンクリート製品の不良品等の廃棄物をいいます。
2 工作物の新築、改築又は除去に伴うコンクリートの破片等(がれき類)は、搬入できません。
3 感染性医療廃棄物等(非感染性に処理した物を含む。)は、搬入できません。
4廃プラスチック類の埋立処分は平成22年度末をもって終了しました。リサイクルへの転換にご協力をお願いします(リンク: 廃プラスチックのリサイクル )。

4 飛散性アスベストの受入

 東京都では当面の措置として、都内から排出される飛散性アスベスト廃棄物(廃石綿等)について埋立処分場で受け入れています。詳しくは こちら をご覧ください。

5 その他公共関与による産業廃棄物の受入

産業廃棄物である紙くず・木くず・繊維くずの搬入については、 こちら をご確認のうえ、東京二十三区清掃一部事務組合にお問い合わせください。 
東京二十三区清掃一部事務組合  施設管理部管理課廃棄物受入係  
千代田区飯田橋三丁目5番1号 東京区政会館 TEL 03-6238-0730

6 運搬方法

自 己

自己名義の車両に限ります。(法人の場合は、法人名義)
自動車検査証の所有者又は使用者の欄に申請人の名義が記載されていること。

委 託

都で許可した産業廃棄物収集運搬業者に限ります。

(注)
1  あらかじめ届け出た車両に限ります。
2  運搬車両は、車両総重量25t以下、ホイールベース9m以下、車幅2.5m以下であること
3 脱着装置付き車両、車両総重量が10t以上の車両及び車両の改造等により実車重量が自動車検査証記載の車両重量と著しく異なる車両については、埋立処分場の受付にて申請手続きの前に空車計量が必要です。詳しくは 空車計量の手引き をごらんください。

7 申請手続

申請手続きについては、 こちら をご覧ください。

8 埋立処分場での搬入受付時間

月曜日~土曜日  午前8時から午後4時

埋立処分場受け入れ


お問い合せ先
東京都環境局 資源循環推進部 産業廃棄物対策課
〒163-8001 新宿区西新宿2-8-1第二本庁舎22階
電話 03-5388-3588

メールマガジンはこちら

お問い合せ東京都環境局個人情報保護基本方針サイトポリシーリンク集

東京都|東京都のホームページへ

東京都環境公社

社団法人 東京産業廃棄物協会

環境省

財団法人 日本産業廃棄物処理振興センター