このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

違法な不用品回収業者について

ページ番号:205-049-723

更新日:2018年2月9日

違法な不用品回収業者について知っていただきたいこと

1 現状
 無料又は格安の料金で家庭内の廃棄物(不用品)を回収すると広告している業者に引き取りを依頼したところ、高額な料金を請求された等のトラブルに巻き込まれる被害が後を絶ちません。

2 不用品回収業者の業務形態
 街中を回る「スピーカー回収型」、各家庭のポストに投函される「チラシ回収型」、インターネット上で見積りを取った上で、各家庭を訪問する「ネット回収型」等があります。

3 トラブルに巻き込まれないために
 こうした業者は、廃棄物処理業の許可を持たずに不用品回収を行い、見積り額とは異なる高額な料金を請求するケースが多々あります。こうしたトラブルに巻き込まれないためには、事前に不用品回収業者が必要な許可を受けているかどうか等を良く確認してください!
 また、回収された廃家電等が不法投棄される、不適正に分解・破壊される、スクラップ化して海外へ不正輸出される等、国内外の環境汚染につながるおそれがあります。 

4 家庭から排出される廃棄物について
 一般家庭から出される粗大ゴミ、廃家電等を回収するには、お住まいの区市町村の一般廃棄物収集運搬業の許可が必要です。産業廃棄物の許可では、一般家庭からの不用品回収はできません!
 無許可営業の場合、5年以下の懲役若しくは1,000万円以下の罰金、又はこれらが併科されます。行為者のほか、法人にも3億円以下の罰金が科せられる場合があります。

5 不用品回収業者に関する問合せ先
 不用品回収業者を見かけたり、トラブルになった場合、ご不明な点や不審な点がある場合には、お住まいの各区市町村の廃棄物担当部署にお問合せください。
 ただし、当該業者が産業廃棄物の許可を持っている場合には、東京都にお問合せいただいても構いません。
 
6 廃棄物の正しい処理にご協力ください!
 (1)家庭内の一般廃棄物について
  お住まいの区市町村が定める処理方法に従い、指定の収集場所に分別してお出しください。

  (2)粗大ごみについて
  粗大ごみシール券を購入の上、お住まいの区市町村にお問合せの上、処理をお願いします。

 (3)不用となった廃家電等(エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機、衣類乾燥機)について
   廃家電は、家電リサイクル法により、リサイクル券を小売店又は郵便局で購入の上、処理を依頼していただくこととなります。
   料金については、回収を依頼する小売店にお問合せするか、家電リサイクル券センター外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。(RKC)のホームページ(外部サイト)を御覧ください。

▼各区市町村問合せ先リンク
〇 区部
〇 市町村

▼リンク
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。 「無許可」の回収業者を利用しないでください(PDF:748KB)(環境省作成チラシ)
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。「ダメ!違法な不用品回収 行わない!利用しない!」((PDF:1,536KB)東京都環境局作成チラシ)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は資源循環推進部 産業廃棄物対策課です。


本文ここまで

ピックアップ情報 Pick up!

ピックアップ情報

以下フッターです。