トップページ > 廃棄物と資源循環 > 産業廃棄物対策

申請に必要な書類

(平成24年4月1日更新)

交付申請時必要書類

交付申請書(第1号の2様式)

申請書には押印が必要です。押印は印鑑証明書と同一の印鑑を使用してください。

 ・Word

 ・PDF

 ・記入例

見積書の写し

測定事業者が発行した金額の見積書の写しで、補助対象機器1台ごとの税抜き金額を記載したものが必要です。

※なお、試料採取を受電設備の電気保安業者が行い、分析を別の分析業者が行う場合は、申請者が経費を支払う相手方の業者(注)の発行する見積書が必要となります。

(注):試料採取費と分析費を一括して電気保安業者に支払う場合は、電気保安業者の発行する見積書が必要となります。

商業・法人登記の登記事項証明書

申請者が法人の場合は、法務局が交付する商業・法人登記の登記事項証明書(履歴事項証明書又は現在事項証明書)の原本(発行後3箇月以内のもの)が必要です。

印鑑証明書

申請者が法人の場合は法務局。個人の場合は区市町村が交付する印鑑証明書の原本(発行後3箇月以内のもの)が必要です。

助成対象者であることを証する書類
中小企業者

・「3 助成対象者」に資本金で該当する場合は必要ありません。

・「3 助成対象者」に資本金で該当しない場合で、常時使用する従業員数で補助対象者に当てはまる場合は、業種ごとに規定した従業員数以下であることを証する書類が必要です。

会社以外の法人

業種ごとに規定した従業員数以下であることを証する書類が必要です。

※従業員数を証する書類の例
労働保険概算・確定保険料申告書(控)、法人税確定申告書添付書類、給与台帳

法人格を有していないマンション管理組合等任意団体

個人として取り扱います。

 ①管理組合代表者の個人の印鑑証明書

 ②管理組合の規約

 ③代表者に選任されたことがわかる議事録

 ※申請書及び添付書類の印鑑は上記③の代表者個人の実印を押印してください。

実績報告時必要書類

実績報告書(第5号の2様式)

報告書には押印が必要です。押印は印鑑証明書と同一の印鑑を使用してください。

 ・Word

 ・PDF

 ・記入例

試験成績書の写し

1.計量証明事業者が発行する絶縁油のPCB濃度の証明書(試験成績書等)の写しが必要です。

2.証明書に記載されている機器の製造者、製造年月等を確認し、申請した機器と同一のものであるか確認してくださし。

銘板の写真

※銘板に、「機器の種類・製造者・製造年月・製造番号」が明瞭に表示されている写真が必要です。

錆等により銘板の表示が不明確な場合や狭小場所で銘板の撮影が不可能な場合は、機器全体の写真又は機器設置場所の写真を提出してください。

請求明細書の写し

※測定事業者が発行した請求明細書が必要となります。

交付申請時に提出した見積書と同じ内訳の金額の記載が必要です。

支払いを証明する書類の写し

※測定事業者が発行した領収書又は銀行の利用明細書等の写しが必要となります。

請求明細書の金額と同一であることが必要です。

請求書(第7号様式)

申請者が都に補助金を請求するための書類が必要となります。

 ・Excel

 ・PDF


お問い合せ先
東京都環境局 資源循環推進部 産業廃棄物対策課
〒163-8001新宿区西新宿2-8-1第二本庁舎9階
電話 03-5388-3573

メールマガジンはこちら

お問い合せ東京都環境局個人情報保護基本方針サイトポリシーリンク集

東京都|東京都のホームページへ

産廃処理技術等情報サイト

社団法人 東京産業廃棄物協会

環境省

財団法人 日本産業廃棄物処理振興センター