トップページ > 廃棄物と資源循環 > 産業廃棄物対策 > 排出事業者の方へ > 排出事業者責任の徹底について

排出事業者責任の徹底について

(平成29年6月20日更新)

■廃棄物処理委託契約における第三者によるあっせん等について

 廃棄物の処理委託契約においては、排出事業者が処理業者と直接契約することとされています。このたび、排出事業者と処理業者との契約のあっせん等を行う事例について、環境省から「廃棄物処理に関する排出事業者責任の徹底について」の通知がありました。

 本通知では、排出事業者は廃棄物の処理を委託する場合は、「排出事業者としての責任を果たすため、排出事業者は、委託する処理業者を自らの責任で決定すべきものであり、また、処理業者との間の委託契約に際して、処理委託の根幹的内容(委託する廃棄物の種類・数量、委託者が受託者に支払う料金、委託契約の有効期間等)は、排出事業者と処理業者の間で決定するものである。排出事業者は、排出事業者としての自らの責任を果たす観点から、これらの決定を第三者に委ねるべきではない。」と示されています。

 廃棄物処理法における排出事業者責任に関する各規定の遵守について改めて、お願いします。

<参考資料>
 環廃産発第1703211号



■排出事業者責任に基づく措置に係る指導について

 環境省から「排出事業者責任に基づく措置に係る指導について」の通知がありました。

 通知では、平成28年1月に判明した食品廃棄物の産業廃棄物処理業者による不正転売をうけて、再発防止策の一つとして作成された、「排出事業者責任に基づく措置に係るチェックリスト」を取りまとめたので、周知するよう依頼がありました。当該チェックリストは、食品関連の排出事業者のみならず、それ以外のすべての業種の排出事業者を対象とするものです。

<参考資料>
 別紙① 通知(平成29年6月20日付環廃産発第1706201号)
 別紙② 排出事業者責任に基づく措置に係るチェックリスト
 別紙③ 事務連絡(食品廃棄物の不正転売事案(総括)の公表について
 別紙④ 食品廃棄物の不正転売事案について(総括)の概要
 別紙⑤ 食品廃棄物の不正転売事案について(総括)

 各通知を参考に、廃棄物処理法における排出事業者責任に関する各規定の遵守について改めて、お願いします。




お問合せ先
東京都環境局 資源循環推進部 産業廃棄物対策課
〒163-8001新宿区西新宿2-8-1第二本庁舎22階

メールマガジンはこちら

お問い合せ東京都環境局個人情報保護基本方針サイトポリシーリンク集

東京都|東京都のホームページへ

東京都環境公社

社団法人 東京産業廃棄物協会

環境省

財団法人 日本産業廃棄物処理振興センター