このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

現在のページ

  1. トップページ
  2. 廃棄物と資源循環
  3. 産業廃棄物対策
  4. PCB(ポリ塩化ビフェニル)廃棄物
  5. PCB含有安定器のアンケート調査にご協力ください
本文ここから

PCB含有安定器のアンケート調査にご協力ください

ページ番号:701-822-725

更新日:2019年11月12日

アンケート調査の実施について

昭和52年3月以前に建築又は改修された事業用建物や共同住宅(アパート・マンション等)の共用部分に使われている照明には、PCBを含有する安定器(電灯のちらつきを安定させる装置)が使用されている可能性があります。PCB含有安定器は、PCB廃棄物特別措置法により処分期間が決められており、2023年(令和5年)3月31日までに処分しなければなりません。
そこで、東京都では、PCB含有安定器の使用・保管の実態を把握し、処理を推進するため、都内の事業用建物等の所有者様を対象に、アンケート調査を実施いたします。調査票がお手元に届きましたら、PCB含有安定器の有無を確認していただき、アンケートの回答にご協力をお願いします。

調査対象

都内で昭和52年3月以前に建築又は改修された事業用建物等の所有者様。

  • 店舗兼住宅や、過去に事業用として使用していた建物を含みます。
  • 共同住宅(マンション、アパート等)は、エントランスや機械室等、共用部分が対象です。
  • 戸建ての住宅(専用住宅)にはPCBを含む照明器具が使用されていないため、対象外です。

調査期間

令和元年11月8日から、アンケートを随時発送いたします。
※建物の所在地によっては、令和2年度にアンケートが届くことがございます。

送付物

封筒

左の封筒で、下記の書類を送付いたします。

宛名が印刷された用紙に、本アンケート調査の対象となる建物の一覧が表示されています。調査票と別紙「照明用安定器の調査方法」に従って、PCB含有安定器の有無を確認し、結果を記入した調査票をご提出ください。


ご提出期限、方法

令和元年12月20日(金曜日)までに、調査票に同封した返信用封筒でご提出ください。

以下の方法でもご提出を受け付けております。

FAX

0120-310-293 (フリーダイヤル)

メール

Tokyo_PCB@jmar.co.jp

委託先

本調査は、東京都環境局が、株式会社日本能率協会総合研究所に委託して実施いたします。
※委託業者からお問合せをさせていただくことがございます。ご了承ください。

お問合せ窓口

調査内容や、調査票の記入方法等についてご不明な点がありましたら、下記窓口までお問合せください。

TEL 0120-550-156 (フリーダイヤル)

(受付時間 令和2年2月28日までの平日 9:00~17:00)

東京都PCB含有安定器保管・使用実態調査事務局(調査業務委託先)


PCB含有安定器の調査方法について

調査方法

注意事項

  • 使用中の照明設備は感電のおそれがあります。調査は、なるべく電気工事業者や専門の調査会社等(建物の維持管理を委託している場合はメンテナンス会社)にご相談ください。また、高所作業を伴う際は十分に注意してください。
  • 調査ができる業者がわからない場合は、ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。こちら(PDF:199KB)を参考にお問い合わせください。

PCB含有安定器の調査及び交換に関する助成

東京都PCB含有安定器調査支援事業

東京都では、個人・中小企業等を対象に、照明器具内のPCB含有安定器の有無を外部に委託して調査する費用の一部を助成しています。
※助成を受けるためには、調査前の申請が必要です。あらかじめ、下記窓口にご相談ください。

窓口:外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。公益財団法人 東京都環境公社(外部サイト)
パンフレット:ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。安定器調査助成金について(PDF:1,095KB)

PCB使用照明器具のLED化によるCO2削減推進事業(環境省)

PCB含有安定器の有無に関する調査費用や、PCBが使われた照明器具をLED照明器具に交換する費用について、環境省の補助制度がございます。上記の支援事業と合わせてご活用ください。
※この補助制度は、令和2年1月31日が受付期限です。

窓口:外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。一般社団法人 温室効果ガス審査協会(外部サイト)

調査により安定器が見つかったら

保管

安定器の破損や紛失、PCBの漏えいを防ぐため、密閉容器に入れて保管してください。

届出

PCB含有安定器の使用、または、取り外して廃棄物となったPCB含有安定器の保管について、東京都への届出をお願いいたします。

使用中のPCB含有安定器についての届出

新規ウインドウで開きます。使用中のPCB製品の使用届出書(様式第1号)

取り外して廃棄物となったPCB含有安定器についての届出

新規ウインドウで開きます。PCB廃棄物の保管届出書(様式第2号)

届出のご提出方法

届出2部を、下記窓口へお持ちいただくか、郵送(切手を貼った返信用封筒を同封)でご提出をお願いします。

東京都環境局 資源循環推進部 産業廃棄物対策課 PCB処理対策担当
〒163-8001 新宿区西新宿2-8-1 東京都庁第二本庁舎19階北側

窓口の開設時間:9時~12時、13時~17時(土曜日・日曜日、祝日を除く)

届出に関するお問合せ:03-5388-3573

※上記の他、前年度の使用または保管、処分の状況について、毎年6月30日までに届出が必要です。上記の届出をご提出いただいた方には、5月下旬~6月上旬に、届出のご案内と様式を送付いたしますので、ご提出をお願いいたします。

処分

高濃度のPCBを含む廃棄物は、中間貯蔵・環境安全事業株式会社(JESCO)で処分することが決められおり、PCB含有安定器の処分はJESCO北海道PCB処理事業所が担当しています。

JESCOに処分を委託する場合、あらかじめJESCOに登録をする必要があります。
JESCO北海道PCB処理事業所(03-5765-1992)にお問合せいただくか、外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。JESCOホームページ(処理申込の手続き)(外部サイト)をご確認ください。

処分期間は2023年3月31日までです。処分期間内に処分しない場合、PCB廃棄物特別措置法に基づき、行政処分や罰則が適用される可能性がありますので、早期処理にご協力をお願いいたします。

PCB含有安定器の運搬及び処分に関する助成

JESCOでは、中小企業者等を対象とした、処分料金の軽減制度があります。また、東京都では、中小企業者等を対象として、PCB含有安定器をJESCO北海道PCB処理事業所に運搬する費用の一部を助成しています。それぞれ、下記をご参照ください。

中小企業者等の軽減制度(JESCO)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。JESCOホームページ(中小企業者向けの割引)(外部サイト)
※軽減制度の適用を受けるためには、JESCOへPCB廃棄物の登録が必要です。

東京都高濃度PCB廃棄物収集運搬支援事業

窓口:外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。公益財団法人 東京都環境公社(外部サイト)
パンフレット:ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。高濃度PCB収集運搬費助成金について(PDF:1,891KB)
※助成を受けるためには、事前の申請が必要です。上記窓口にご相談ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は資源循環推進部 産業廃棄物対策課です。


本文ここまで

ピックアップ情報 Pick up!

ピックアップ情報

以下フッターです。